2017年9月7日

「吹田スタジアムフェスタ2017」における
「高臨場感パブリックビューイング」の実証実験の実施
~スタジアムを活用した新たなビジネスの創出に向けて~

2017年9月16日(土)に市立吹田サッカースタジアムにおいて、株式会社ガンバ大阪、吹田市の主催により「吹田スタジアムフェスタ2017」(以下「本イベント」)が開催されます。ガンバ大阪、Jリーグのファンの方はもとより、初めてスタジアムに足を運ぶ方も楽しめるイベントが予定されています。

パナソニック株式会社とNTTグループは、本イベントの一環として、遠隔地で開催中のアウェイ戦の試合※1を、大迫力の大型スクリーンと臨場感ある音響によってホームスタジアムで観戦する「高臨場感パブリックビューイング」のビジネス化に向けた実証実験(以下「本実証実験」)を実施します。※2

本実証実験では、NTTグループが提供する高品質の映像伝送サービス※3によって試合映像をリアルタイム伝送し、パナソニックが提供する高輝度3万ルーメンのレーザープロジェクターによって、国内最大級の幅16メートル×高さ9メートル(720インチ)のエアスクリーン※4に映像を投影します。さらに屋外大型ラインアレイスピーカーで吹田スタジアム向けの特別解説とともに臨場感ある試合の歓声をスタジアムに響き渡らせます。これにより、まるで目の前で試合が行われているような大迫力のパブリックビューイングを体感いただけます。

なお、本実証実験は、2015年6月に発表したパナソニック株式会社とNTTグループの業務提携の一環として実施するものです。今後、スタジアムの収益拡大とスポーツ産業の成長に寄与できるビジネスの検討を両社で進めてまいります。

  • ※1. 明治安田生命J1リーグ第26節 大宮アルディージャ対ガンバ大阪
  • ※2. 公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の全面協力を得て実施
  • ※3. NTTコミュニケーションズ株式会社が提供する映像ネットサービス
  • ※4. 空気で自立する移動型大型スクリーン

<本実証実験における各社の役割>

パナソニック株式会社 高臨場感映像/音響システムの提供
(高輝度プロジェクター、パブリックビューイング実況中継カメラ、屋外大型ラインアレイスピーカー、720インチスクリーン)
NTT
グループ
日本電信電話株式会社 NTTグループ内全体調整
NTTコミュニケーションズ株式会社 映像ネットサービスの提供
株式会社NTTぷらら 大型ビジョン、サイネージ向けコンテンツの制
作・運用
株式会社NTTアド キャンペーン、WEBページ等の企画・運営

【参考1】

「吹田スタジアムフェスタ2017」

<主催> 株式会社ガンバ大阪(市立吹田サッカースタジアム)、吹田市
<協力> パナソニック株式会社、NTTグループ
<日時> 9/16(土)11:00 ~ 20:00(雨天実施)
  • ※フリーマーケット 11:00~18:00
  • ※パブリックビューイング 18:00~20:00
    明治安田生命J1リーグ 第26節 vs大宮アルディージャ
<会場> 市立吹田サッカースタジアム
〒565-0826大阪府吹田市千里万博公園3-3
TEL 06-6875-3377
大阪モノレール「万博記念公園」駅徒歩15分
入場無料
<内容>
 
  • ・フリーマーケット
    衣類や日用品、雑貨や手作り品など、さまざまなモノの販売、購入
  • ・スタジアムツアー(芝生体験)
    スタジアム芝生ピッチを楽しむコースを含むスタジアム内見学ツアー
  • ・吹田バーガーフェスタ
    人気のご当地バーガーやグルメバーガーの販売
  • ・LEDネックライト工作教室
    ガンバオリジナルグッズの製作
  • ・吹田市消防本部、吹田警察署イベント
    ミニ消防車の乗車体験、子ども用防火衣を着装し消防車と記念撮影
    白バイの展示、ミニパトカーの乗車記念撮影
  • ・パブリックビューイング
    ガンバのアウェイゲームを日本最大のエアスクリーンで応援
<関連URL> https://goo.gl/e6pnPq

【参考2】

「日本電信電話株式会社とパナソニック株式会社の業務提携について」(2015年6月17日)

【高臨場感パブリックビューイング イメージ】

【パブリックビューイングで使用するエアスクリーン】

【本件に関するお問い合わせ先】

パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 広報部
TEL:06-6910-1237
日本電信電話株式会社 広報室
TEL:03-5205-5550

以上