2017年5月24日

5Gによる高臨場・高精細映像の伝送に関する
共同実験についてNTTドコモと合意

ワイヤレス・テクノロジー・パーク「5G Tokyo Bay Summit 2017」に5Gコンセプト出展

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長 津賀一宏)は、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 吉澤 和弘)と、総務省の5G総合実証試験※1の枠組みで、5G無線技術の応用範囲と発展性、および高臨場感・高精細映像技術および製品を5G無線技術と組み合わせることによる市場性の確認に向けて協力していくことに、このほど合意しました。

具体的には、当社が保有する4K等の高精細映像や360度ライブカメラ映像を扱う技術・製品のほか、高臨場・高精細映像を表示・投影する技術および製品を5G無線技術と融合させ、スポーツ・エンターテインメントや広域監視での市場性の確認のための技術検証実験およびデモンストレーションを実施していきます。

これまでにも両社は、5G無線技術の実現に向けて実験や技術開発を協力して進めることを2015年7月に合意し、さまざまな周波数帯を想定した5G無線技術とともに、無線LANを含む異種網RAT※2と効率的に切り替え利用を可能とする5Gシステム制御技術※3を開発してきました。今回の合意により、今後さらに、エンターテインメントや映像監視システム等の具体的なユースケースに応じた、高臨場感・高精細映像の5G無線技術を利用した伝送実験を両者で協力して進めていきます。

なお、当社は、この取り組みの一環として、先進的な映像技術を用いたエンターテインメント向け5Gコンセプトを2017年5月24日から26日までの会期で、東京ビッグサイトで開催される展示会「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017」※4併設パビリオン「5G Tokyo Bay Summit 2017」にて展示します。今回の展示では、当社製各種高精細カメラを展示すると共に、遠隔地で開催されている音楽ライブを5G無線技術で伝送し、個人宅に居ながら高臨場感映像・音響を楽しめるユースケースを想定して、360度VR映像による高精細映像/高臨場感を体験していただく予定です。

  • ※1 5G総合実証試験(http://www.soumu.go.jp/main_content/000485322.pdf
  • ※2 Radio Access Technologyまたは無線アクセス技術
  • ※3 総務省の委託による「第5世代移動通信システム実現に向けた研究開発」による成果です。
  • ※4 ワイヤレス・テクノロジー・パーク 2017(https://www.wt-park.com/2017/
    2017年5月24日から26日まで東京ビッグサイト 西1ホールにて開催。

以上