Panasonic Newsroom トッププレスリリースUltra HD ブルーレイ再生対応ブルーレイディスクレコーダーDIGA(ディーガ) プレミアムモデル DMR-UBZ1 を発売

プレスリリース

2015年10月5日

世界初※1、4KやHDRの映像が楽しめるUltra HD ブルーレイ再生に対応※2

Ultra HD ブルーレイ再生対応ブルーレイディスクレコーダーDIGA(ディーガ) プレミアムモデル DMR-UBZ1 を発売

新開発4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサplus」搭載

DMR-UBZ1

品名 ブルーレイディスクレコーダー
品番 DMR-UBZ1
HDD容量 3TB
チューナー数 地上デジタル:3 BS/110度CS:3
本体希望小売価格 オープン価格
発売日 2015年11月13日
月産台数 500台

パナソニック株式会社は、世界で初めて4K対応の次世代ブルーレイディスク規格「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応し、高画質・高音質を追求したブルーレイディスクレコーダーDIGA(ディーガ)のプレミアムモデル、「DMR-UBZ1」を、11月13日より発売します。
「Ultra HD ブルーレイ」規格とは、4K解像度に加え、60pの高フレームレート※3や最大で1,000~10,000nitの高輝度で質感あふれる表現が可能な「HDR(ハイダイナミックレンジ)」※3、色の再現性を大幅に高める広色域規格「BT.2020」※3などに対応したもので、4K解像度による高精細感、大きな明暗差による立体感や鮮やかな色調、なめらかな動きによる美しい映像表現が可能となります。

本製品は「Ultra HD ブルーレイ」に対応したコンテンツを高画質でお楽しみいただけるよう、パナソニックハリウッド研究所で培った技術を応用し、高度な映像処理を可能とした独自の4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサplus」を新たに搭載。「Ultra HD ブルーレイ」再生時にプレミアムモデルならではの高精細で立体感にあふれた高品位な映像を実現します※2。さらに4K解像度のインターネット動画をご覧の際も高画質でお楽しみいただけます。
また、新開発のドライブベース、センターフレーム構造、4層構造ベースシャーシなどによる新高剛性&低重心筐体、ノイズの干渉を抑える筐体内3ブロック独立構成、振動減衰特性に優れたハイカーボン鋳鉄インシュレーターを新たに採用し、徹底した高音質設計を行っています。
当社は、ディーガ史上最高画質・最高音質を実現したプレミアムモデルを発売し、オーディオビジュアルのクオリティを追求するシアターユーザーのご期待にお応えします。

<主な特長>

  1. 世界初※1、4KやHDRの映像が楽しめるUltra HD ブルーレイ再生に対応※2
    ・次世代規格「Ultra HD ブルーレイ」再生に対応
    ・4K(高解像度)/HDR(高輝度)/BT.2020(広色域)の美しい映像が楽しめる
  2. 新開発4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサplus」搭載
    ・独自の高精度色信号処理によりUltra HD ブルーレイの映像を美しく再現
    ・YouTube、NETFLIX(ネットフリックス)、アクトビラなど4Kネット動画も美しく楽しめる
  3. 新高剛性&低重心筐体による高音質設計とハイレゾオーディオ対応※4の進化
    ・高剛性&低重心筐体による徹底した振動対策と各種高音質パーツの採用
    ・新たにDSD(5.6MHz/2.8MHz)、ALACに再生対応。内蔵ハードディスクをNASとしても使用できる

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(9時から20時まで)
ホームページURL:http://panasonic.jp/diga/
  1. ※1:市販のブルーレイディスクレコーダーとして、2015年11月13日発売予定。当社調べ。
  2. ※2:Ultra HD ブルーレイを再生するためには、著作権保護のために、ディスクによっては本機をインターネットに接続していないと再生できない場合があります。
    ・4K/HDRで視聴するためには、HDCP2.2、4K/60p/4:4:4、Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応する機器(ディスプレイ)や端子に接続してください。HDCP2.2に対応していない機器や端子に接続した場合、2K解像度で、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによっては正しく再生できない場合があります。4K/60p/4:2:0まで対応の機器や端子に接続した場合、60p素材の再生はHDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。4K/60pに対応していない機器や端子に接続した場合、2K解像度で出力します。HDRに対応していない機器や端子に接続した場合、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによっては2K解像度での出力、または正しく再生できない場合があります。
    ・その他、Ultra HD ブルーレイの再生に関する情報は http://panasonic.jp/support/bd/ でご確認ください。
    ・4K/60pをお楽しみになりたい場合は、18Gbps対応のケーブルが必要です。本機は18Gbps対応のハイスピードHDMIケーブルを付属しています。
  3. ※3:Ultra HD ブルーレイの規格に関する技術情報は以下の特長1をご参照ください。
  4. ※4:ハイレゾオーディオの再生にはHDMI入力/同軸デジタル入力/光デジタル入力/バランス音声入力/アナログ音声入力のいずれかの端子を持つハイレゾオーディオ対応のアンプが必要です。

【開発の背景】

近年、4K対応ディスプレイが市場に浸透しつつある中、次世代ブルーレイ規格の「Ultra HD ブルーレイ」が策定され、4K解像度への対応に加え、豊かな輝度表現を実現するHDRを中心にさらなる高画質への期待が高まっています。当社は、独自の高画質・高音質技術によって、Ultra HD ブルーレイの魅力を最大限に活かし、更に高音質で注目を集めるハイレゾオーディオにも対応した※4ディーガのプレミアムモデル「DMR-UBZ1」を発売します。これにより、高画質・高音質を追求するシアターユーザーに新たな魅力を提案いたします。

【特長】

1.世界初※1、4KやHDRの映像が楽しめるUltra HD ブルーレイ再生に対応※2

本製品はブルーレイディスクレコーダーとして、世界で初めてUltra HD ブルーレイの再生に対応しました。これにより、従来のブルーレイディスクを超える美しい映像がお楽しみいただけます※2

【Ultra HD ブルーレイ規格に関する技術説明】
①「4K/60p」対応
フルハイビジョンの4倍の解像度を有する4K(3,840x2,160画素)映像を、1秒間に60コマで高速表示し、緻密で動きが滑らかな映像を実現します。
②高輝度「HDR」(ハイダイナミックレンジ)対応
輝度ピークを従来の100nitから最大1,000~10,000nitまで大幅に拡大することで、映像のダイナミックレンジ※5を飛躍的に向上させる技術。これまで表現が難しかった明るい光源(ライトや太陽光など)や反射光(金属表面や水面の輝きなど)まで、質感豊かに表現できます。
※5:映像信号(RGB)の最大値と最小値の比率。
③広色域「BT.2020」対応
4K/8K放送に向けて策定されたITU-R BT.2020の広色域信号に対応。従来のブルーレイディスク(BT.709準拠)では表現できなかった豊かで鮮やかな色彩表現が可能になります。
④「HEVC(H.265)/10bit/100Mbps」対応
最新の高効率動画圧縮技術HEVC(H.265)による最大100Mbpsの映像信号に対応。従来のブルーレイディスク(MPEG-4・AVC(H.264)、最大40Mbps)を大幅に超える圧縮効率と高ビットレートにより、4K/60p、HDR、BT.2020などによる高品位な映像を余すところなく再現します。また、従来のブルーレイディスクは、マスターグレードビデオコーディングで収録されたソフトを除き、色差信号(Y、Cb、Cr)を各8bit(256段階)で表現していましたが※6、これを各10bit(1,024段階)まで拡張することで、より微小な信号まで忠実に再現し、質感豊かな映像を実現します。
※6:「マスターグレードビデオコーディング」はパナソニック株式会社の登録商標です。「マスターグレード」は(株)バンダイの登録商標です。

★また、本製品をお買い上げいただき、2015年11月13日~2016年3月31日に弊社会員サイトのCLUB Panasonicでご愛用者登録の上、ご応募いただいた方全員にもれなく映画「るろうに剣心 京都大火編、伝説の最期編」のUltra HD ブルーレイソフトをプレゼントするキャンペーンを実施いたします。詳細はキャンペーンページをご参照ください。

募集期間:2015年11月13日(金)~2016年3月31日(木)
URL:http://panasonic.jp/diga/campaign/ubz1/

※7: パッケージ画像は通常版(2K/HDR非対応)です。

2.新開発4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサplus」搭載

●「4Kリアルクロマプロセッサplus」によるマルチタップクロマ処理
高画質ブルーレイディスクの研究開発拠点、パナソニックハリウッド研究所(PHL)で培った技術を応用し、新たに当社独自の4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサplus」を搭載しました。デコードした4K(4:2:0)信号を独自の高精度マルチタップ処理で4K(4:4:4)に補間※8することで、鮮度が高く、自然な質感と立体感にあふれた4K映像を実現します。本処理は、Ultra HD ブルーレイの再生や4K解像度のインターネット動画にも有効です。Ultra HD ブルーレイに収録されたHDR映像にも適用されますので、当社のビエラCX800シリーズなどのHDR対応テレビ(ソフトバージョンアップが必要です。対応機種:CX800N/CX800 11月中旬対応予定)で圧倒的に豊かな映像表現をお楽しみいただけます。従来のテレビ(HDR非対応)に対しても、当社独自のダイナミックレンジ変換を自動で行い、高画質でお楽しみいただけます。※9

  1. ※8:4K/60p/4:4:4対応テレビと18Gbps対応ハイスピードHDMIケーブルで接続する必要があります。
    Ultra HD ブルーレイの再生時は、4K/24pは4:4:4/36bitで出力しますが、4K/60pは4:2:2/36bitで出力します。
  2. ※9:Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応していないテレビをお使いの場合、ディスクによっては再生できない場合があります。

●4K/60p/36bit出力対応
HDMI(ver2.0)規格に準拠した4K/60p/4:2:2/36bit、4K/60p/4:4:4/24bit、4K/24p(30p)/4:4:4/36bitなど高スペックでの4K出力が可能です。さらにUltra HD ブルーレイ規格のHDR信号の出力にも対応します。

●4K超解像/W超解像※10
4K映像の輝度信号と色信号を画素単位で分析・補正し、4K映像の鮮鋭感や精細感を自在に調整することが可能です。輝度信号と色信号の両方に対して輪郭とテクスチャを補正することにより、圧縮や伝送で失われた成分をクリアに再現します。4K映像の再生に加えて、ハイビジョン映像を4Kアップコンバート出力する場合にも有効です。

  1. ※10:インターネット動画再生時は対応していません。

●4Kダイレクトクロマアップコンバートplus
ハイビジョン領域の色信号補間を経ずに、デコードしたハイビジョン信号からダイレクトに4K信号に変換する独自の4Kダイレクトクロマアップコンバートplus方式を採用。Ultra HD ブルーレイに収録された2K/HDR映像にも適用されるので、高精細で自然な質感と立体感にあふれる4KアップコンバートHDR映像をお楽しみいただけます※2

●4Kインターネット動画
ブルーレイディスクレコーダーとして、世界で初めて、YouTube、NETFLIX※11、アクトビラ※12などの4Kインターネット動画に対応しました※13。インターネット動画も独自の「4Kリアルクロマプロセッサplus」で処理し、鮮度の高い美しい映像がお楽しみいただけます※2

  1. ※11:NETFLIX(ネットフリックス)を視聴するためには、Netflix社との契約が必要となります。サービスの詳細については、下記の公式サイトをご参照ください。
    Netflix公式サイト https://www.netflix.com/jp/
  2. ※12:アクトビラについて詳細は(http://actvila.jp/)をご参照ください。
  3. ※13:2015年11月13日発売予定。有料コンテンツをご利用の場合、コンテンツごとに利用料が必要です。

●4K撮影動画の保存・再生※14
4K撮影動画(MP4形式)の保存・再生に対応。4Kカメラや4Kムービーで撮影した4K動画(最大60pまで対応)を内蔵ハードディスクに保存できます。もちろん4Kテレビを接続すれば4K画質のまま再生することができるので、今までパソコンに保存していた方も、これからは本製品に保存すれば、高画質な4K動画をかんたんに思う存分お楽しみいただけます。

  1. ※14:MPEG-4 AVC/H.264:High Profile 5.2以下。ビットレート:100Mbps以下。
    解像度/フレームレート:1920×1080/120p、3840×2160/60p、4096×2160/60pまで。

●保存した写真の4K出力
内蔵ハードディスクに保存した写真やSDカードに記録した写真の4K出力に対応。高精細に表示することが可能です。

●4K撮影動画やハイレゾ音源を一時的にブルーレイディスクやSeeQVault規格のUSBハードディスクへバックアップ
4K撮影動画やハイレゾ音源を含む音楽ファイルをハードディスクに取り込んだ後、一時的にブルーレイディスクやSeeQVault規格のUSBハードディスク※15へバックアップして保管することができます。また、15年秋モデル※16以降のディーガであれば、例えば、自宅と実家の機器など機器間でデータの共有・再生が可能です※17

  1. ※15:対応の機器についてはホームページをご確認ください。<http://panasonic.jp/support/bd/>
    ・SeeQVaultとは対応機器間での強固なセキュリティを実現する新たなコンテンツ保護技術の規格であり、放送番組を録画した機器のみでなく、対応ディーガで記録/再生できます。
    ・SeeQVault対応USBハードディスクへの放送番組の直接録画はできません。
  2. ※16:DMR-UBZ1,BRG2010,BRZ1010,BRW1010,BRW510
  3. ※17:BD-RE/BD-Rにバックアップした動画・音楽を再生するには、本体ハードディスクへの再取り込みが必要です。

3.新高剛性&低重心筐体による高音質設計とハイレゾオーディオ対応※4の進化

本製品は新高剛性&低重心筐体により、高音質設計の基本である「振動」と「ノイズ」対策を徹底しています。

●高剛性&低重心筐体
・ドライブベース
1.2mm厚の鋼板ベースに、Ultra HD ブルーレイ対応ドライブを固定、ディスクの回転により発生する振動を低減し、ディスク信号の読み取り精度の向上を図っています。

・センターフレーム構造
筐体の前後に梁を渡したセンターフレーム構造を採用することで、筐体のねじれ方向の剛性強化、振動低減を実現しました。

・3ブロック独立構成
デジタル基板、オーディオ基板、Ultra HD ブルーレイ対応ドライブを、鋼板で分割した3つのブロックに独立配置した3ブロック独立構成を採用しました。

・4層構造ベースシャーシ
従来の3層構造ベースシャーシに新たにアルミプレートを追加し、4層構造に変更しました。共振周波数の異なる素材で構成される多層構造を採用することにより、不要な振動の低減に加え、放熱性能の向上、筐体のさらなる低重心化を実現しました。

●ハイカーボン鋳鉄インシュレーター
インシュレーターの材質を従来のセラミックからハイカーボン鋳鉄に変更。比重が大きく振動減衰特性に優れたハイカーボン鋳鉄をインシュレーターに採用することで、制振性の向上を図ると同時により一層の筐体の低重心化を図っています。

●アナログ回路
・アナログオーディオ基板の進化
アナログオーディオ用として専用基板を設けることでノイズ干渉を極力排除しました。また、基板の材質も音質に定評のあるガラスエポキシ材を使用し、銅箔の厚さを従来比2倍とすることで、力強い音質に改善しました。回路構成は高品位192kHz/32bitDACの差動出力をLR独立してバランス伝送する事により、ハイレゾオーディオ再生に相応しい高音質を実現します。

・高音質パーツの進化
電源用平滑コンデンサーの大容量化、非磁性炭素皮膜抵抗、高品質アクロス・ザ・ラインコンデンサーを新たに採用。さらなる音の表現力を追求しました。
また、従来のプレミアムモデルで定評のある、高音質コンデンサー、192kHz/32bitDAC、ハイファイオーディオ用低雑音オペアンプ、OFC電源トランス、高耐圧ショットキーバリヤダイオード、コモンモードフィルタ、大容量スイッチングMOSFETも、引き続き採用しています。

●進化したオーディオアクセサリー 「USBパワーコンディショナーMKⅡ」付属
BZT9600で好評だったUSBパワーコンディショナーがさらに進化。空いているUSB端子(推奨 USB3.0端子)に装着することで、より高音質で楽しめます。基板の材質の最適化や非磁性炭素皮膜抵抗の組成を変更し、また銅箔厚を2倍にしたことで、高域のS/Nを改善しています。(視聴する機器や、環境、視聴コンテンツによって効果が異なる場合があります。)

●ハイレゾオーディオファイル再生対応
・ハイレゾ保存・再生※4(192kHz/24bit対応)と対応フォーマットの拡大
CDを超える高音質音源(ハイレゾオーディオ、192kHz/24bitなど)を含む音楽ファイルを内蔵ハードディスクに保存し、ハイレゾオーディオ対応のアンプなどのオーディオ機器に接続し、再生することができます※4。ご自宅のシアター環境でハイレゾ音源も気軽にお楽しみいただけます。ファイル形式は従来のWAV/FLAC/MP3/AAC/WMAに加え、DSD(5.6MHz/2.8MHz)/ALACにも対応しました。

・NAS(ファイル共有サーバー)に対応
新たにNAS(ファイル共有サーバー)機能に対応し、ミュージックサーバーとして使用できるようになりました※18。内蔵ハードディスクに音楽ファイルを保存することによって、本製品と宅内ネットワーク接続したDLNA対応のオーディオ機器で再生できます。さらに、e-onkyo music※19で購入した楽曲を自動でハードディスクにダウンロードする機能も搭載※19。本製品にe-onkyoアカウントに関する情報を登録していただくと、スマートフォン等から購入済みの音楽ファイルを自動でダウンロードします※20。本製品とネットワークオーディオ機器をホームネットワーク接続しておけば、従来必須だったパソコンやNASを使うことなく、ハイレゾ音源のダウンロードから再生までの全てを「PCレス」で楽しむことができます。また、電源オフの状態でも音楽を配信できるので、手間無く快適な音楽ライフを送れます。

  1. ※18:再生可能ファイル形式はネットワークオーディオ機器などDLNAクライアント(再生機器)に依存します。
  2. ※19:詳細についてはe-onkyo musicのホームページをご覧ください<http://www.e-onkyo.com/music/>
    e-onkyoサービスに関するお問い合わせ先:<http://www.e-onkyo.com/support/beginner.aspx>
  3. ※20:e-onkyoのメンバー登録と、「e-onkyo music」アカウントに関する情報の登録が必要です。また、本製品の動作状況によってダウンロードが一時停止する場合があります。

4.その他の機能

●マスターグレードビデオコーディング(MGVC)※6
ブルーレイディスクの映像は、ブルーレイディスク規格に基づいて24bit階調で記録されています。当社の独自技術「マスターグレードビデオコーディング※6」では独自のビット拡張データを追加記録する事により、対応のブルーレイディスクを再生すると、スタジオマスター同等の質感豊かな36bit高階調映像をご覧いただけます。ご家庭でも映画のスタジオマスターと同等の滑らかで質感豊かな高画質映像を、お楽しみいただけます。さらに、4K/24p/4:4:4/36bit(HDMI2.0準拠)でアップコンバート出力する事により、MGVCの滑らかさと4Kアップコンバートの鮮明さを併せ持つ高画質映像をお楽しみ頂けます。

●HDオプティマイザー
動画のブロックノイズ、ランダムノイズに加えて、モスキートノイズ、ドット妨害・クロスカラーを低減※21。にごりのないクリアな映像を再現します。ドット妨害・クロスカラーの低減※21については、SD映像からアップコンバートされたハイビジョン映像に対しても有効です。

  1. ※21:市販ブルーレイ及び、Ultra HD ブルーレイ再生時は対応していません。

●インテリジェントローノイズシステム(シアターモード3、ハイクラリティサウンド4)
動作モードに応じた不要回路ブロックの動作停止によりノイズの発生を最小に抑える「インテリジェントローノイズシステム」を採用。Ultra HD ブルーレイの再生時もハードディスクや、周辺回路を停止させ、僅かな音のニュアンスまで豊かに再現します。また、HDMIの接続状態に応じて音声を出力する端子を自動的に切り替えることで、ノイズの発生を最小限にしました。

●ホームネットワーク クライアント再生
PCやNAS等にダウンロードした音楽コンテンツをDLNA/DMR(Digital Media Renderer)などのホームネットワークを経由して本製品で再生する事により、スタジオマスター・クオリティーに迫る高音質をお楽しみいただけます。

●192kHzリ.マスター、192kHz真空管サウンド
圧縮処理によって欠落した高音域成分を復元する「リ.マスター」、真空管アンプを通したような温かみのある音を再現する「真空管サウンド」に、4倍アップサンプリング及び高精度32bit演算処理方式を採用。2倍アップサンプリング方式への切り替えも可能です。ハイグレードなオーディオシステムに最適化したリマスター弱モードにも対応しています。

●192kHz同軸/光デジタル音声出力
同軸/光デジタル音声出力も192kHz/24bitに対応。ハイレゾ音源再生やリ.マスター/真空管サウンドで192kHz/96kHzにアップサンプリングされた信号の出力にも対応しています。

●新番組の録り逃しを防げる「新番組おしらせ」機能

●番組の見たいシーンのみを連続して再生することができる「見たいところ再生」※22

  1. ※22:インターネットの接続および「ディモーラ/ミモーラ」への機器登録、CLUB Panasonicの会員登録(無料)が必要です。

●外出中も録画番組や放送番組を楽しめる「外からどこでもスマホで視聴」※23

  1. ※23:インターネットの接続が必要です。機器の使用状況によっては視聴できない場合があります。外出先から番組を視聴する場合、2台同時に視聴することはできません。また、一部放送転送に対応していない放送局があります。専用アプリ「メディアアクセス(無料)」のダウンロード(2015年10月アップデート予定)が必要です。iOS7以降、Android4.0.3以降に対応。
    ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線ブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。共用設備などでセキュリティレベルが高く設定されている環境ではご利用になれない場合があります。LTEや3Gの携帯電話回線での宅外視聴では多くのパケットが必要となります。

●「お部屋ジャンプリンク」で録画番組や放送を家じゅうに2ヶ所※24同時配信

  1. ※24:本体で再生・2番組同時録画が同時に行われている場合など、2ヶ所への転送ができない場合があります。スマートフォンやタブレットへの転送には専用アプリPanasonic Media Accessが必要です。

●SeeQVault規格のUSBハードディスクに対応※15

●ディスプレイや映像素材に合わせて選べる「新・画質モード」※25

  1. ※25:Ultra HD ブルーレイ再生時は対応していません

★2016年3月末日までに本製品を機器登録していただいた方に、最長7ヶ月間「ディモーラ/ミモーラ」の有料サービスを無料でお楽しみいただけるキャンペーンを実施いたします。
キャンペーンの詳細については、HPなどでお知らせいたします。

(商標について)

●"Blu-ray(ブルーレイ)""Blu-ray Disc(ブルーレイディスク)""ULTRA HD BLU-RAY"は、Blu-ray Disc Associationの商標です。

●Apple、Appleのロゴ、iPhone、iPod touch、iTunesは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。

●Androidは、Google Inc.の商標です。

●Wi-FiはWi-Fi Allianceの商標です。

●SeeQVault、および SeeQVaultロゴは、NSM Initiatives LLCの商標です。・本製品は4Kの放送は受信できません。4K放送を楽しむには別売のチューナーが必要です。

●HDMI、HDMIロゴ、およびHigh-Definition Multimedia Interface は、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing LLC の商標または、登録商標です。

●YouTubeおよびYouTubeロゴは、Google Inc.の登録商標です。

●「アクトビラ」とは、当社などが出資する(株)アクトビラが提供するデジタルテレビ向け映像配信サービス。全画面表示でハイビジョン画質の迫力ある 映像でお楽しみいただけます。「アクトビラ ビデオ・フル」のコンテンツは、一部を除き有料です。有料コンテンツをご利用の場合、コンテンツごとに利用料が必要です。

●DSDはソニー株式会社の登録商標です。

●その他、本文で記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは一部明記していません。

【仕様】

品番 DMR-UBZ1
ハードディスク容量 3TB
チューナー数 地上デジタル:3 BS/110度CS:3
録画可能ディスク ●内蔵HDD ●BD-RE Ver.2.1(片面1層/2層),Ver.3.0(片面3層)[Ver1.0は非対応]
●BD-R Ver.1.1/1.2/1.3(片面1層/2層),Ver.2.0(片面3層/4層),Ver.1.2LTH/1.3LTH(片面1層)
●DVD-RAM Ver.2.0/2.1/2.2 ●DVD-R Ver.2.0/2.1 ●DVD-R DL Ver.3.0 ●DVD-RW Ver.1.1/1.2
※8cmブルーレイディスク、8cmDVDディスクへは記録できません。
※カートリッジ付きのDVD-RAMは、カートリッジからディスクを取り出して録画可能です。
再生可能ディスク ●内蔵HDD ●BD-RE Ver.2.1(片面1層/2層), Ver.3.0(片面3層)[Ver1.0は非対応]
●BD-R Ver.1.1/1.2/1.3(片面1層/2層),Ver.2.0(片面3層/4層),Ver.1.2LTH/1.3LTH(片面1層)
●Ultra HD Blu-ray※2 ●BD-Video [Blu-ray 3D,BD-LIVE]、マスターグレードビデオコーディングに対応
●DVD-RAM ●DVD-RW/+RW(ファイナライズ済)
●DVD-R/+R(ファイナライズ済) ●DVD-R DL/+R DL(ファイナライズ済) ●DVD-Video
●音楽CD(CD-DAフォーマット) ●CD-R/RW(CD-DA、JPEG formatted discs)
※カートリッジ付きはディスクをカートリッジから取り出して再生可能。
※他機で記録されたディスクは、記録された機器でファイナライズ必要。
映像記録圧縮方式 MPEG-2(Hybrid VBR)、MPEG-4 AVC/H.264
音声記録圧縮方式 MPEG-2 AAC(最大5.1ch記録)、ドルビーデジタル(2ch記録)
受信チャンネル ●地上デジタル放送(CATVパススルー対応)
●BSデジタル放送 ●110度CSデジタル放送
入出力端子 ●2chアナログ音声出力:1系統 ●バランス音声出力:1系統
●光デジタル音声出力:1系統 ●同軸デジタル音声出力:1系統
●HDMI映像・音声出力:2系統 ※映像・音声x1(4K/60p・30p・24p、1080/60p・60i・24p、480/60p)
※音声x1(1080/60p・60i・24p、480/60p)
●I.LINK端子(4ピン)TS入力:後面1系統
アンテナ端子 地上デジタル入出力端子、BS・110度CSデジタル-IF入出力端子
その他端子 ●SDメモリーカードスロット:1系統
●USB(USB2.0)端子:前面1系統 ●USB(USB3.0)端子:後面1系統
●LAN端子:1系統
消費電力 約40W
待機時消費電力
クイックスタート「切」時
時刻表示消灯時:約0.02W※26
クイックスタート「入」時
時刻表示点灯時:約13.0W※27(標準モード)
時刻表示消灯時:約12.0W※28(省エネモード)
外形寸法 幅 438mm
高さ 77mm
奥行 239mm
(突起部含まず)
質量 約8.2kg
  1. ※26:クイックスタート「切」/節電待機「モード2」(時計表示消灯)、地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、無線LAN:未接続、外部接続端子(LAN、USB、TS):未接続の場合。
  2. ※27:クイックスタート「入」(標準モード)、HDMI出力解像度:1080i、地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、無線LAN:未接続、外部接続端子(LAN、USB、TS):未接続の場合。
  3. ※28:クイックスタート「入」(省エネモード)、地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、無線LAN:未接続、外部接続端子(LAN、USB、TS):未接続の場合。

以上

RSS