プレスリリース

2015年8月28日

業界初※1 1周波RTK※2-GNSS※3搭載

タブレットPCを活用し10センチメートル程度の測位が可能なシステムを開発
12月より北海道岩見沢市で除排雪作業支援の実証実験を開始

スマート農業用途向けにも提案

「TOUGHPAD」

パナソニック株式会社は、豪雪地帯での除排雪作業支援やスマート農業※4支援などに利用できる、業界初※1の1周波RTK※2-GNSS※3を搭載した頑丈タブレットPC「TOUGHPAD(タフパッド)」を活用した「高精度測位システム」を開発しました。本年12月より北海道岩見沢市で、本システムを用いた除排雪作業支援システム実証実験を開始いたします。

本システムは、頑丈タブレットPC「TOUGHPAD」に、衛星電波受信モジュール、ワイヤレスWAN、1周波RTK※2-GNSS※3機能を拡張したパナソニック独自の衛星測位技術(特許出願中)を用いた構成で、外部アンテナを接続し、環境により10センチメートル程度の測位が行えるシステムです。また、「TOUGHPAD」は、高性能CPUを搭載しているため、3次元道路地図なども快適に表示でき、除排雪作業道路環境の可視化を実現します。

当社が開発した本システムを活用し、北海道岩見沢市では本年12月より除排雪作業支援の実証実験が行われる予定です。これまでの除排雪作業は、道路知識を有する熟練者が作業していましたが、除排雪作業支援システムは、道路構造部を可視化することができるため、道路知識がない作業者でも、除排雪作業が行えます。岩見沢市による実証実験は、積雪が予想される3月まで行われる予定です。

当社は、本システムを、豪雪地域の各自治体やスマート農業※4を行う農機メーカーをはじめ、各種ソリューションベンダーへ提案していきます。

特長

  1. 10センチメートル程度の測位が可能(オープンスカイ環境において※6
    GPS※5衛星以外の衛星も利用し1周波RTK-GNSS機能ながら高精度測位
  2. 3次元道路地図を快適に表示できる高性能タブレット「TOUGHPAD」を使用
    高性能CPU インテル® Core™ i5 vPro™ プロセッサー 搭載
  3. 業務用車両の中でも、場所をとらない補正データ受信装置一体型システム
    ワイヤレスWAN内蔵「TOUGHPAD」が補正データをインターネット経由でダイレクト受信
  1. ※1 タブレットPCとして。2015年8月28日現在、当社調べ。
  2. ※2 RTK:Real Time Kinematic(相対測位)。測位を行う移動局が受信した衛星電波の搬送波と、既知点から携帯電話や無線を利用して送信されるGPS補正データ(搬送波)を用いて、コード情報ではなく、搬送波の数や位相を用いることで、既知点からの相対位置をリアルタイムに、正確に演算して測位する方式。1周波RTKとは、航法衛星から送信される複数の周波数の電波のうち、一般に測位に用いられる2つの周波数電波の1つのみを用いる方式。
  3. ※3 GNSS:Global Navigation Satellite System(全地球型測位システム)。米国が打ち上げたGPS衛星とそれ以外の全地球型測位システム(ロシアのGLONASS衛星や日本の準天頂衛星「みちびき」など)を含めた総称。
  4. ※4 ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して、省力化や精密化などを進めた次世代農業
  5. ※5 GPS :Global Positioning System(全地球測位システム)。米国が打ち上げたGPS衛星を利用する測位システム。
  6. ※6 8機以上の衛星が天空に均等配置されているオープンスカイな環境。見晴らしの悪い場所では位置が確認できない場合があります。

※本製品の耐衝撃・耐圧迫性能は無破損・無故障を保証するものではありません。

【お問い合わせ先】

パナソニックパソコンお客様ご相談センター
TEL:0120-87-3029 9:00~20:00 365日受付
ホームページURL:http://panasonic.biz/pc/

【開発の背景】

近年、豪雪地帯では、除排雪従事者の高齢化等から除排雪車両を上手に運転操作できる熟練オペレーター不足が懸念されています。また、農業の現場では、高齢化の進展で労働力不足が深刻となっており、農作業における省力・軽労化をさらに進めるとともに、新規就農者への栽培技術の継承問題や、TPP締結に備えた農業経営収益力強化支援策等が重要な課題となっています。一方、近年、タブレットの利用ニーズが拡大し、高価なGPS受信機と補正データを受信する無線装置とタブレットを組み合わせた商品が建設・土木の情報化施工、スマート農業や環境調査などに利用され始めていますが、複数機の接続の手間がかかることや接続が不安定になる場合があるため、可搬性の高いタブレットによる一体型が求められていました。
そこで、当社は、環境により10センチメートル程度の測位が可能で、3次元道路地図なども快適に表示でき、場所をとらない受信装置一体型の頑丈タブレットPC「TOUGHPAD」を使用する「高精度測位システム」を開発しました。

【主な特長】

1.10センチメートル程度の測位が可能(オープンスカイ環境において※6

高性能CPUを搭載した頑丈なタブレットに1周波RTK※2-GNSS※3機能を搭載し、環境により10センチメートル程度の測位が可能な、パナソニック独自の衛星測位技術を開発いたしました(特許出願中)。市街地の幹線道路環境で約50cm、オープンスカイな水田や農地環境では約10cmの測定精度を実現しました。

〔パナソニックが独自開発した衛星測位技術〕
これまで、1周波RTK※2-GNSS※3機能は、膨大な演算を伴うことから、組込系OSが搭載された端末上ではCPU処理性能の制約から1つの測位エンジンしか動作できないため、測位演算終了までに平均10分程度を要し、実用的でないとされてきました。
パナソニックは、高性能CPUと豊富なメモリーを搭載した頑丈タブレットPC「TOUGHPAD(タフパッド)」上で動作する「複数の測位エンジンにより時間をずらして順次測位エンジンを追加しながら測位し、最も確からしい測位結果を迅速に導き出すアルゴリズム」を独自開発し、測位演算終了までの時間を平均90秒程度にすることで、1周波RTK※2-GNSS※3機能を実用的なものにしました。

2. 3次元道路地図を快適に表示できる高性能タブレット「TOUGHPAD」を使用

インテル® 第5世代 Core™ i5プロセッサーを搭載し高速な処理性能を実現した「TOUGHPAD」を使用、3次元道路地図などを快適に表示できます。

・CPU : インテル® Core™ i5 vPro™ プロセッサー

・OS : Windows 8.1 Pro Update 64ビット

・液晶 : 10.1型IPSα液晶 WUXGA(FZ-G1) / 7型液晶 WXGA(FZ-M1)
屋外での視認性が高い、AR処理、高輝度液晶採用

・過酷な作業環境に耐える耐衝撃・耐振動設計、IP65の防塵・防滴設計

3. 業務用車両の中でも、場所をとらない受信装置一体型システム

「TOUGHPAD」のワイヤレスWAN内蔵モデルにSIMカードの搭載が可能なため、補正データの受信機が不要なシンプル構成を実現できます。これにより、除排雪車両への取り付けや農機車両間での付け替えが容易になり、お客様の使い勝手が向上します。
なお、補正データをインターネット経由でダイレクト受信する際には、当社MVNOサービスのM2M専用プランを使用します。

【北海道岩見沢市における実証実験概要】

北海道岩見沢市では豪雪地帯の除排雪作業の担い手不足という課題があるため、道路知識や経験に関係なく的確な運転ができるシステムを準備し、安心・安全な除排雪サービスの実現に取り組まれています。これまでの除排雪作業は、雪に埋もれて目視確認できない道路構造物(消火栓、マンホール、ゴミ箱、家の塀など)を破壊するリスクを回避するため道路知識を持っている熟練者が作業していましたが、除排雪作業支援システムは、3次元道路地図を用いて道路構造物を可視化することができるため、道路知識を持たない作業者でも、安全・安全に除排雪作業が行えます。
1周波RTK※2-GNSS※3機能(市街地の道路環境で約50cmの精度)を搭載した堅牢なTOUGHPADに3次元道路地図を表示して除俳雪道路環境を可視化するシステムの実証実験を12月から3月まで行う予定になっています。

・実施期間:2015年12月~2016年3月

・実施場所:北海道岩見沢市内の道路

・実施主体:IT活用による地域課題解決検討会

・運営、サポート:パナソニック システムネットワークス株式会社
システムソリューションズジャパンカンパニー 北海道社

<システム概要図>

【石川県農林総合研究センター 専門研究員 博士(農学) 森本英嗣先生のエンドースメント】

我々は現在、「スマート農業」というフレームワークを掲げて社会実装に向けたプロジェクトを推進しています。今回パナソニックが開発された「高精度測位システム」をデファクトスタンダードとして農業機械にオンするという時代が、すぐそこに来ていると強く感じているところです。農家を支援するためのコア技術の中でも一番の基盤となる緯度経度時間を的確に、正確に提供してくれる「高精度測位システム」の益々の開発進歩と、我々に対する技術の提供を期待しています。

  1. ※1 タブレットPCとして。2015年8月28日現在、当社調べ。
  2. ※2 RTK:Real Time Kinematic(相対測位)。測位を行う移動局が受信した衛星電波の搬送波と、既知点から携帯電話や無線を利用して送信されるGPS補正データ(搬送波)を用いて、コード情報ではなく、搬送波の数や位相を用いることで、既知点からの相対位置をリアルタイムに、正確に演算して測位する方式。1周波RTKとは、航法衛星から送信される複数の周波数の電波のうち、一般に測位に用いられる2つの周波数電波の1つのみを用いる方式。
  3. ※3 GNSS:Global Navigation Satellite System(全地球型測位システム)。米国が打ち上げたGPS衛星とそれ以外の全地球型測位システム(ロシアのGLONASS衛星や日本の準天頂衛星「みちびき」など)を含めた総称。
  4. ※4 ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して、省力化や精密化などを進めた次世代農業
  5. ※5 GPS :Global Positioning System(全地球測位システム)。米国が打ち上げたGPS衛星を利用する測位システム。
  6. ※6 8機以上の衛星が天空に均等配置されているオープンスカイな環境。見晴らしの悪い場所では位置が確認できない場合があります。

※本製品の耐衝撃・耐圧迫性能は無破損・無故障を保証するものではありません。

(商標について)

●Microsoft、Windows、Windows ロゴ、Office ロゴは、マイクロソフト企業グループの商標です。

●Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

●その他の製品名は一般に各社の商標または登録商標です。

※仕様および意匠につきましては、予告なく変更する場合がありますのでご了承願います。

以上