Panasonic Newsroom トッププレスリリースロボット掃除機 RULO(ルーロ)「MC-RS1」を発売

プレスリリース

2015年1月22日

当社独自の三角形状「ルーロー」と「ハウスダスト発見センサー」搭載

ロボット掃除機 「MC-RS1」を発売

部屋の隅のゴミ、壁際のゴミまでしっかり掃除

MC-RS1-W(ホワイト) MC-RS1-K(ブラック)
MC-RS1-W(ホワイト) MC-RS1-K(ブラック)
使用イメージ
じゅうたん フローリング 畳
じゅうたん フローリング
品名 ロボット掃除機
愛称 (ルーロ)
品番 MC-RS1
希望小売価格 オープン価格
発売日 3月20日
月産台数 5,000台

パナソニック株式会社は、当社独自の三角形状(ルーロー)と「ハウスダスト発見センサー」で部屋の隅や壁際の掃除性能にこだわった、ロボット掃除機「MC-RS1」を3月20日より発売します。

当社調べ※1によると、ロボット掃除機の使用者のうち約46%が部屋の隅のゴミとれに不満を持っています。また、ロボット掃除機を未購入者の約45%が「掃除性能に不安がある」という理由で購入に至っていません。
当社はこの不満点・不安点を解消することに着目し、掃除性能を高めた製品を開発しました。

本製品は、ゴミのたまりやすい「部屋の隅や壁際」をしっかり掃除するために、三角形状(ルーロー)を採用しました。部屋の隅までしっかりブラシが届き、ゴミをかき出し吸い取ります。また、回転した時の径が変わらない「ルーローの三角形」を応用しているので、狭い場所でもスムーズに方向転換ができます。
集塵機能には、ゴミの量に応じて自動運転制御する当社独自の「ハウスダスト発見センサー」やフローリングの細塵を除去できる「マイナスイオンプレート」、「V字ブラシ」など、家庭用掃除機で培った技術を応用し、きれいに効率よく掃除します。

また、多彩なセンサーで、方向や走行距離を認識します。ゴミのたまりやすい部屋の隅や壁際を重点的に走行する「ラウンド走行」と部屋の内部を効率よく走行する「ランダム走行」を組み合わせた独自の走行制御を開発しました。また、バッテリーには、高効率の当社開発リチウムイオン電池を採用し、充電サイクル1500回※2の長寿命を実現しています。

当社は、市場へ初投入するロボット掃除機で、日々の掃除の負担を軽減し、クリーンで快適な室内環境づくりに貢献します。

<特長>

  1. 部屋の隅まで入り込んでしっかり掃除をする当社独自の三角形状(ルーロー)採用
  2. 目に見えない微細なゴミまで検知する「ハウスダスト発見センサー」で集じん性能を高めてしっかり掃除
  3. 多彩なセンサーを搭載し、当社独自の走行スタイルを実現
    ・「ラウンド&ランダム走行」 / 「エリアメモリー」機能搭載
  1. ※1:当社調べ 2014年WEB調査による(n=969)。
  2. ※2:自動モードで使用の場合。(周囲温度20℃の場合、ただし周囲温度、使用頻度、お使いの環境・条件などによって異なります)

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター (フリーダイヤル)
0120-878-365(受付9時から20時)
ホームページURL:http://panasonic.jp/soji/

【特長】

1.部屋の隅まで入り込んでしっかり掃除をする当社独自の三角形状(ルーロー)採用

部屋の隅・壁際などロボット掃除機では、掃除のしにくい場所をしっかり掃除するため、本製品では、新しいロボット掃除機の「形(形状)」として「ルーローの三角形」に基づいた独自の本体形状を開発しました。

三角形の角が部屋の隅に入り込み、さらに本体を左右に首振りしながら、サイドブラシでしっかりゴミをかき出します。また、走行においても、円形同様に、正方形の中を回転できる「ルーローの三角形」の特性を活かし、狭い場所でもスムーズに方向転換します。

■本体の小型化
走行やブラシの駆動モーターには、
小型のブラシレスモーターを搭載しています。
また、センサーも小型化し、ルーローの三角形
内部に効率よく配置し、本体の小型化を実現しました。

■吸込口とブラシ位置に配慮
幅180mmのワイドな吸込口を前方に配置し、
 2本のサイドブラシで集めたゴミを吸込口中央へ
 効率的にかき入れます。

2.目に見えない微細なゴミまで検知する「ハウスダスト発見センサー」で集じん性能を高めてしっかり掃除


吸込口に「V字ブラシ」と「マイナスイオンプレート」を搭載

目に見えない微細なゴミまで検知する当社独自の「ハウスダスト発見センサー」をロボット掃除機にも採用。ゴミの量に応じてパワー制御をすることに加え、走行制御にも応用しました。ゴミが多量な場合は走行スピードを変化させたり、往復走行や、本体の首振り走行をするなど、自律走行するロボット掃除機ならではの走行制御で、集塵性能を高めています。

■ゴミの量に応じてパワー、走行速度、走行動作を制御

■掃除性能を高める「V字ブラシ」・「マイナスイオンプレート」を採用

3.多彩なセンサーを搭載し、当社独自の走行スタイルを実現


ラウンド走行とランダム走行を融合し、部屋全体を効率的に掃除をする独自の「ラウンド&ランダム走行」

壁との距離や障害物を認識する赤外線センサー・超音波センサーと、方向を認識するジャイロ制御を組み合わせ、独自の走行システムを開発しました。
ゴミがたまりやすい部屋の隅や壁際を重点的に走行する「ラウンド走行」と部屋の内部を効率よく走行する「ランダム走行」を使い分けて、部屋全体を効率的にしっかり掃除します。



掃除したい場所から重点的に掃除をする「エリアメモリー」機能を搭載

当社調査によると、充電台から走行を始めるロボット掃除機は「掃除をしてほしい場所までなかなか到達しない」「掃除したい場所へわざわざ持っていかなければならず面倒」という声が多くありました。
本製品では、あらかじめ記憶させた場所へ走行し、掃除をしたい場所から掃除を始める「エリアメモリー機能」を搭載し、生活空間に合わせた掃除スタイルを可能にしました。

【その他特長】

■当社独自の高効率リチウムイオン電池搭載で、長寿命(充電サイクル1500回※2)を実現。

■スタイリッシュなデザインを実現する3Dインモールドフィルム成形を外観加飾に採用。

【その他お知らせ】

■RULO(MC-RS1)の製品紹介スペシャルサイト(http://panasonic.jp/soji/rulo/index.html)を1月22日より公開します。実際のRULOの動きも動画で確認ができます。

【仕様一覧】

電池寿命※2 繰り返し充放電 約1500回
製品寸法 幅330mm × 奥行325mm × 高さ92mm
製品質量 3.0kg
充電時間 3時間(電池が空状態から充電を開始した場合、周囲温度20℃時)
稼働時間(自動モード時)※3 約60分
連続使用時間 約100分( 満充電・電池初期/20 ℃時)
運転モード 自動・念入り・スポット・エリアメモリー
ゴミセンサー ハウスダスト発見センサー
走行性センサー、制御 赤外線センサー、超音波センサー、ジャイロ

使用電池 リチウムイオン電池
定格電圧 DC14.4V
入力 AC100V 50Hz-60Hz
出力 DC20.5V 1.3A
消費電力 充電中:約33W、本体を外したとき約0.6W
外形寸法 幅218mm × 奥行136mm × 高さ99mm
質量 0.6kg
電源コードの長さ 1m
  1. ※3:運転時間は部屋の広さとゴミ量により自動で決定します。充電台の位置、家具の配置、ゴミ量などにより、同じ部屋の大きさでも運転時間が異なる場合があります。

以上

RSS