Panasonic Newsroom トッププレスリリースHDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー DIGA(ディーガ) DMR-BRS500を発売

プレスリリース

2014年9月22日

【訂正】2014年9月30日 特長1「新かんたんリモコン」で、「録る」「見る」を迷わず操作できるのテレビ操作対応ボタンの例に関する表記のうち、「スタートボタン(ビエラのホームボタンとして使用可能)」の部分を削除させていただきます。

「新かんたんリモコン」で、迷わず操作できる

HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー
DIGA(ディーガ) DMR-BRS500を発売

「ゆっくり/はっきり再生」で音声が聞き取りやすい

DMR-BRS500

品名 HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー
品番 DMR-BRS500
HDD容量 500GB
チューナー数 1
本体希望小売価格 オープン価格
発売日 2014年10月20日
月産台数 13,000台

パナソニック株式会社は、「ディーガ」のかんたん・シンプルモデル「DMR-BRS500」を、10月20日より発売いたします。

本製品は、「新かんたんリモコン」を付属。複雑な操作が苦手な方も、大きな「録る」「見る」ボタンで、録画や再生を迷うことなく操作することができます。また、テレビ操作にも対応。ビエラはもちろん他社のテレビの操作もこのリモコンひとつでかんたんに行えます※1。また、テレビ番組が聞き取りづらいお客様のご要望に応え、新機能「ゆっくり/はっきり再生」に対応しました。0.8倍速で再生するゆっくり再生に加え、「はっきり再生」では年齢とともに聞き取りづらくなる高周波域を強調し、はっきりと聞き取りやすい音声で番組をお楽しみ頂けます。いずれも録画番組の他、放送中の番組・ブルーレイディスク・DVDにも対応しています※2。他にも、「番組表」「録画一覧」の文字を2倍に拡大できる「でか文字」を搭載。「かんたんガイド」で基本的な使い方をアニメーションで分かりやすく解説します。

当社は、本製品により、レコーダーをよりかんたん・快適にお使いいただける、デジタルライフを提案して参ります。

<主な特長>

  1. 「新かんたんリモコン」で、「録る」「見る」を迷わず操作できる
    ・よく使う「録る」「見る」ボタンが大きく、迷わず操作できる
    ・「番組表」「録画一覧」の文字が大きくて見やすい
    ・ディーガのリモコンひとつで、ビエラはもちろん他社テレビの操作も可能※1
  2. 「ゆっくり/はっきり再生」で音声が聞き取りやすい
    ・0.8倍速で子音を強調して再生、早口な会話もゆっくり聞き取りやすい
    ・高周波域を強調し、年齢とともに聞き取りづらくなる高音もはっきり聞き取りやすい
  3. 「でか文字」「かんたんガイド」で、初心者の方も使いやすい
    ・「でか文字」機能で、「番組表」「録画一覧」の文字を2倍の大きさで表示
    ・「かんたんガイド」機能で、基本的な使い方をアニメーションで教えてくれる
  1. ※1:接続先のテレビによってテレビ操作対応のボタンが異なります。登録したテレビのリモコンにないボタンは動作しません。また、機種によってはボタンの名称が異なる場合があります。三洋、ビクター、NEC、富士通ゼネラル、アイワ製のテレビは[テレビ電源]、[テレビ入力切換]、[チャンネルUp/Down]、[音量Up/Down] 以外は対応していません。
  2. ※2:番組録画中は録画番組、ブルーレイディスク、DVDのみ、ゆっくり/はっきり再生が可能です。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(9時から20時まで)
ホームページURL:http://panasonic.jp/diga/

【開発の背景】

2013年春、ディーガは、かんたん・シンプルモデルで「新かんたんリモコン」を付属し、「録る」「見る」の基本操作がわかりやすいボタンで、シンプルで見やすい「番組表」「録画一覧」を表示できるようになりました。2013年秋には「ゆっくり再生」機能に対応し、番組をゆっくりと聞き取りやすいスピードで視聴していただけるようになりました。

本機では、さらなる聞こえやすさを追求し、新たに「はっきり再生」に対応。年齢とともに聞き取りづらくなる高周波の音を強調して再生することで、再生速度は変えずに、聞き取りづらい音声もはっきりと聞き取りやすくなりました。また、従来の「ゆっくり再生」も「ゆっくり/はっきり再生」に進化しました。
ご好評頂いている「でか文字」機能、基本的な使い方をアニメーションで教えてくれる「かんたんガイド」機能も引き続き搭載し、はじめてレコーダーを購入されるお客様にも、安心してお使いいただけます。
ディーガは『かんたん』をさらに進化させ、快適なデジタルライフを実現いたします。

【特長】

1. 「新かんたんリモコン」で、「録る」「見る」を迷わず操作できる

「新かんたんリモコン」を付属。よく使う「番組表」「録画一覧」をそれぞれ大きな「録る」「見る」ボタンで、シンプルに迷わず操作することができます。「番組表」や「録画一覧」は文字サイズを大きくし、番組タイトルを全て表示するなど、見やすいシンプルな画面で、かんたんに操作することができます。
また、本機に付属するリモコンはテレビ操作に対応しています。リモコン上部の「テレビ操作」ボタンを押すと、ボタン内のLEDが点灯し、その間様々なボタンがテレビ操作用としてお使いいただけます。ビエラはもちろん他社製テレビの操作も、このリモコンひとつで行うことができるので、大変便利です※1。LEDの点灯中にもう一度「テレビ操作」ボタンを押すか、無操作状態で30秒経過すると、再びレコーダーの操作に戻ることができます。

かんたんリモコン
<テレビ操作対応ボタンの例>(ビエラAX800と接続した場合)
・数字ボタンによるチャンネル変更
・放送波の切替(地上デジタル/BS/CS)
・音量変更
・入力切替
・十字キー
・サブメニュー
・戻る
・ワンタッチ録画
・dボタン(データ放送)
・「青」「赤」「緑」「黄」ボタン
・USBハードディスクの再生操作
(「再生」「一時停止」「停止」「早送り」「早戻し」など)
番組表 録画一覧

2. 「ゆっくり/はっきり再生」で音声が聞き取りやすい

ゆっくり/はっきりボタン聞こえやすさを追求し、新たに「はっきり再生」機能に対応。年齢とともに聞き取りづらくなる高周波域を強調して再生することで、女性の声などの高音もはっきりと聞き取れるようになりました。また、従来の「ゆっくり再生」と組み合わせた「ゆっくり/はっきり再生」では、録画番組・放送・ブルーレイディスク・DVDを0.8倍速のゆっくりと聞き取りやすいスピードでお楽しみいただけます※2。洋画を見ながら語学学習をする際にも便利です。「はっきり再生」「ゆっくりはっきり再生」はリモコンの「ゆっくり/はっきりボタン」でかんたんに切り替えられるほか、はっきり再生を常時「入」に設定することも可能です。

3. 「でか文字」「かんたんガイド」で、初心者の方も使いやすい

ご好評頂いている「でか文字」を搭載。ボタン一つで、「番組表」や「録画一覧」の文字をさらに2倍に拡大して表示します。小型テレビに接続している場合や、離れた距離で操作する場合に文字を大きくして見たいときに便利です。また、基本的な使い方をアニメーションで教えてくれる「かんたんガイド」機能を搭載。はじめてレコーダーをご購入されたお客様でも安心してお使いいただけるようになりました。

でか文字 かんたんガイド

4. 「外からどこでもスマホで視聴」※3も高画質で楽しめる

本機は「外からどこでもスマホで視聴」に対応しています。iOSやAndroid OS対応のスマートフォンやタブレット端末に専用アプリの「メディアアクセス」(無料)をダウンロードすると、ご自宅のディーガの録画番組やリアルタイムの放送を外出先からストリーミング再生できます※4。過去、長時間録画やお部屋ジャンプリンクで培った独自技術を活かし、少ないパケット量でも高画質の映像がお楽しみいただけます。

視聴可能時間の目安(1ヶ月あたり)※5

  1. ※3:ご使用いただくにはディーガをブロードバンド回線に接続する必要があります。また、専用アプリ「メディアアクセス」(無料)のダウンロードが必要です。iOS版・・・対応OS:iOS7.0以上、iPhone、iPadおよびiPod Touch対応(「メディアアクセス」はiPhone5に最適化されています)。Android版(10月上旬対応予定)・・・対応OS:Android4.0.3以上。(対応OSを搭載したすべてのAndroidスマートフォン・タブレットでの動作保証はしておりません)
  2. ※4:放送番組は本機が電源オン中または録画中は宅外から視聴できません。録画済み番組は本機が電源オン中は宅外から視聴できません。
  3. ※5:通信キャリアとの契約において、1ヶ月間あたりの高速通信できるデータ量に制限があります。本表ではそれぞれ月間7GB、1GBの高速通信を契約した場合に、1ヶ月間で視聴できる時間の目安を表しています。

5. その他

●システムLSI「新ユニフィエ」を搭載

システムLSI「新ユニフィエ」をシングルチューナーモデルにも搭載。
CPU速度、グラフィック性能の大幅な向上、デコーダー/エンコーダーの効率的な駆動により、サクサクの快適操作を実現しています。

●リアルクロマプロセッサでフルHDテレビに美しい映像を映し出す

高画質ブルーレイディスクソフトの制作を多数手がけるパナソニックの研究開発拠点、パナソニックハリウッド研究所(PHL)で培った技術を応用した高度な映像処理で、ブルーレイの映画ソフトから、音楽、ドキュメンタリー、アニメなど原画に忠実な再現を追求します。

●新機能のW超解像(フルHD対応)で色の輪郭まで鮮明に

新たに、W超解像に対応。色と輝度それぞれの輪郭とテクスチャを補正します。
放送やDVDなどのコンテンツもより美しい映像で楽しめます。

●USBハードディスク※7に対応。新たにSeeQVault規格※6にも対応

別売のUSBハードディスク※7を接続し、録画をすることができます。USBハードディスク※7は最大3TBまで対応、最大8台まで登録ができ、最大で15倍モードの長時間録画が可能です※8。これによりハードディスクの残量を気にせず、たっぷり録画することができます。ビエラ・ディーガ専用USBハードディスク「DY-HD1000」(2014年10月20日発売予定)や、ビエラ・ディーガ推奨のUSBハードディスク※7を背面のUSB端子に接続してお使いいただけます。 さらに、新たにSeeQVault規格※6に対応。今後、(株)アイ・オー・データ機器から発売される「AVHD-AUSQシリーズ」(詳細は近日発表予定)など、同規格対応のUSBハードディスクに録画番組をダビングできるほか、撮影動画や写真も保存でき、他の対応ディーガに再接続してそのまま使用できるので、バックアップやお引越しに便利です。

  1. ※6:SeeQVaultとは対応機器間での強固なセキュリティを実現する新たなコンテンツ保護技術の規格であり、放送番組をポータブルなストレージに保存し、対応機器で再生することを可能にします。
  2. ※7:対応USBハードディスクについては、ホームページをご確認ください。 <http://panasonic.jp/support/bd/>
  3. ※8:USBハードディスクを複数台同時に接続することはできません。

●今まで使っていたレコーダーの内容を新しいディーガにかんたん「お引越し」

「引越し先」の新しいディーガと、今まで使っていた「引越し元」のディーガや他社レコーダーをルーター経由で宅内LAN環境にお繋ぎいただくと、引越し元のレコーダー※9に保存している録画番組を新しいディーガにかんたんにダビングできます※10。ディーガ同士の接続であれば撮影ビデオ※11や写真もお引越しできます※12。ディーガなら買い換え、買い増しの際にもスムーズです。

  1. ※9:ダビング元対応機種についてはホームページをご確認ください。
    <http://panasonic.jp/support/bd/connect/network/dubbing.html>
  2. ※10:放送番組はコピーカウント1つ分ダビングされます。プロテクト設定されている「1回だけ録画可能」の番組や、ダウンロードした番組などは、ダビングできない場合がございます。
  3. ※11:撮影ビデオはAVCHD形式に対応しています。
  4. ※12:1回に複数選択できる番組は99番組までです。

●「おもいで再生」で、かんたんに写真のスライドショーが楽しめる

リモコンのサブメニューを押し、「おもいで再生」を選択すると、ディーガに保存した思い出の写真をBGM付きで再生することができます。ディーガに保存されている写真の中から、「おもいで再生」を押したときと同じシーズンに撮影された過去の写真※13を自動でスライドショーで表示します。まるでアルバムをめくるかのように、思い出の写真を振り返ることができます。

  1. ※13:ボタンを押した日を基準として、前後2週間の日付(2000年以降)に撮影された写真を再生します。

●徹底した省エネ設計 「エコマーク」を取得

動作時・待機時の省電力、省資源、環境に配慮した部品の採用など省エネ・省資源設計を徹底。 公益財団法人 日本環境協会から「エコマーク認定商品」に認定されました。

★2015年3月末日までに本製品を機器登録していただいた方に、最長7ヶ月間「ディモーラ/ミモーラ」の有料サービスを無料でお楽しみいただけるキャンペーンを実施いたします。

【ディーガ仕様】

品番 DMR-BRS500
ハードディスク容量 500GB
チューナー数 1
録画可能ディスク ●内蔵HDD ●BD-RE Ver.2.1(片面1層/2層),Ver.3.0(片面3層)[Ver1.0は非対応]
●BD-R Ver.1.1/1.2/1.3(片面1層/2層),Ver.2.0(片面3層/4層),Ver.1.2LTH/1.3LTH(片面1層)
●DVD-RAM Ver.2.0/2.1/2.2 ●DVD-R Ver.2.0/2.1 ●DVD-R DL Ver.3.0 ●DVD-RW Ver.1.1/1.2
※8cmブルーレイディスク、8cmDVDディスクへは記録できません。
※カートリッジ付きのDVD-RAMは、カートリッジからディスクを取り出して録画可能です。
再生可能ディスク ●内蔵HDD ●BD-RE Ver.2.1(片面1層/2層), Ver.3.0(片面3層)[Ver1.0は非対応]
●BD-R Ver.1.1/1.2/1.3(片面1層/2層),Ver.2.0(片面3層/4層),Ver.1.2LTH/1.3LTH(片面1層)
●BD-Video[Blu-ray 3D,BD-LIVE] ●BD-ROM Version 2.4 ●DVD-RAM ●DVD-RW/+RW(ファイナライズ済)
●DVD-R/+R(ファイナライズ済) ●DVD-R DL/+R DL(ファイナライズ済) ●DVD-Video
●音楽CD(CD-DAフォーマット) ●CD-R/RW(CD-DA,JPEG formatted discs)
※カートリッジ付きはディスクをカートリッジから取り出して再生可能。
※他機で記録されたディスクは、記録された機器でファイナライズ必要。
映像記録圧縮方式 MPEG-2(Hybrid VBR)、MPEG-4 AVC/H.264
音声記録圧縮方式 MPEG-2 AAC(最大5.1ch記録)、ドルビーデジタル(2ch記録)
受信チャンネル ●地上デジタル放送(CATVパススルー対応)※ワンセグ放送も含む。
●BSデジタル放送 ●110度CSデジタル放送
入出力端子 ●HDMI映像・音声出力: 1系統
アンテナ端子 地上デジタル入出力端子、BS・110度CSデジタル-IF入出力端子
その他端子 ●SDメモリーカードスロット:1系統
●USB端子:後面1系統 
●LAN端子:1系統
消費電力 約15W
待機時消費電力 クイックスタート「切」時
時刻表示消灯時: 約0.15W※14
クイックスタート「入」時
時刻表示点灯時: 約4.9W※15
時刻表示消灯時: 約3.3W※16
外形寸法 幅 430mm
高さ 41.5mm
奥行 179mm
(突起部含まず)
質量 約1.8kg
  1. ※14:クイックスタート「切」/節電待機「モード2」(時計表示消灯)、地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、外部接続端子[LAN、USB]:未接続の場合。
  2. ※15:クイックスタート「入」(標準モード)、HDMI出力解像度:1080i、地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、外部端子接続[LAN、USB]:未接続の場合。
  3. ※16:クイックスタート「入」(省エネモード)、地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、外部端子接続[LAN、USB]:未接続の場合。

【専用USBハードディスク仕様】

品番 DY-HD1000-K
ハードディスク容量 1TB
録画時間
(ディーガ※17との
接続時)
DR(地上デジタル/HD放送:17Mbps):約127時間、DR(BSデジタル/HD放送:24Mbps):約90時間
DR(BSデジタル/SD放送:12Mbps):約180時間、1.5倍録:約135時間、1.6倍録:約144時間、
1.8倍録:約162時間、2倍録(HG):約180時間、2.3倍録:約207時間、2.5倍録:約225時間、
2.7倍録:約243時間、3倍録(HX):約270時間、3.5倍録:約315時間、4倍録(HE):約360時間、
4.5倍録:約405時間、5倍録(HL):約450時間、5.5倍録:約495時間、6倍録:約540時間、
7倍録:約630時間、8倍録(HM):約720時間、9倍録:約810時間、10倍録:約900時間、
11倍録:約990時間、12倍録:約1080時間、15倍録(HZ):約1350時間
対応バージョン USB2.0
外形寸法 幅 81.7mm×奥行122.3mm×高さ21mm
質量 約170g
  1. ※17:BRZ2000/BRZ1000/BRW1000/BRW500など、15倍での長時間録画に対応したディーガと接続した場合。
    詳細な対応機種はホームページをご確認ください。 <http://panasonic.jp/support/bd/>

以上

(商標について)
Apple、Appleのロゴ、iPhone、iPod touch、iTunesは、米国および他の国々で登録されたApple Inc. の商標または登録商標です。 ●Wi-FiはWi-Fi Allianceの商標です。 ●SeeQVault、および SeeQVaultロゴは、NSM Initiatives LLCの商標です。●その他、本文で記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは一部明記していません。

RSS