Panasonic Newsroom トッププレスリリース「Panasonicが考える新潮流“CATV movement”」をテーマにケーブル技術ショー2014へ出展

プレスリリース

2014年7月9日

パナソニック システムネットワークス株式会社

「Panasonicが考える新潮流“CATV movement”」をテーマに
ケーブル技術ショー2014へ出展

パナソニック システムネットワークス株式会社(代表者 高木 俊幸)は、「Panasonicが考える新潮流“CATV movement”」をテーマに、ケーブル技術ショー(2014年7月29日(火)〜30日(水)/東京国際フォーラム)へ出展します。

当社は、国内ケーブルテレビ業界のトータルサプライヤーとして、ケーブルテレビ事業者様に関連機器及びサービスを提供し、その加入者様にケーブルテレビライフを楽しんで頂けるよう努めて参りました。

2020年東京オリンピックの開催決定や、4K/8K、IP配信、新規サービスの進展等、環境変化を捉え、今回のケーブル技術ショー2014にて、当社の考える将来のケーブルテレビ事業の具体的なイメージをご紹介し、事業者様に安心してご採用頂ける商品やサービスをご提案させて頂きます。
パナソニックならではのご提案を是非ご覧ください。

■出展内容のご紹介

テーマ毎に4つのゾーンに分類し、商品やサービスをわかりやすく展示。
  1. パナソニック次世代STBゾーン
    新しい生活スタイルに合わせた「録る」「見る」を最大限に楽しめるSTBや、映像アーカイブとライブ映像との組み合わせによる新しいテレビの楽しみ方をご提案。
    ●次世代UI ●ディスプレイミラーリング ●Hybridcast ●リモート視聴
  2. 4Kトータルソリューションゾーン
    今後ますます高まりを見せるケーブルテレビ業界の4Kニーズに対応し、4Kトータルソリューションとして、コンテンツの撮影・保存からSTBまでサポートする、パナソニックならではの映像や商品をご提案。
    ●4K World ●LTOアーカイブシステム WEB検索モデル
  3. 新規サービスゾーン
    STBを活用した電力マネージメントサービスや、ケーブルテレビの多チャンネル番組をわかりやすく選局するザッピングポータル、ケーブルテレビの広告価値向上に向けたターゲット広告などをご提案。
    ●ターゲット広告 ●ザッピングポータル ●電力マネージメントサービス ●非接触ICカード連携
    ●スマホアプリを活用したO2Oマーケティング
  4. 将来コンセプトゾーン
    メイカーズによる新しいモノづくり、ケーブルテレビの全国放送「ケーブルアワー」など、新しいコンセプトをご紹介。
    ●全方位パノラマ映像 ●ケーブルアワー ●乙女電芸部の考えるメイカーズ゛時代のリモコン

■セミナーのご案内

12:10〜 電力マネージメントサービス
12:50〜 乙女電芸部の考えるメイカーズ時代のリモコン
13:30〜 ザッピングポータル/ターゲット広告
14:10〜 パナソニック次世代STB
14:50〜 4Kトータルソリューション
15:30〜 全方位パノラマ映像/ケーブルアワー
16:10〜 ZRRO社リモコン
16:35〜 新生Smart TV Boxスタート(30日(水)は11:10〜)

  1. ※変更・中止する場合もあります。

■特別ゲストによるパネルディスカッション 7月29日(火)

13:00〜 「ライフログが巻き起こす くらしムーブメント」
MC:D4DR株式会社 代表取締役社長 藤元健太郎氏
パネラー:経済産業省 経済産業政策局 調査課長 村上敬亮氏
ドコモ・ヘルスケア株式会社 代表取締役社長 竹林一氏
パナソニック株式会社 STBネットワークビジネスユニット ビジネスユニット長 安藤誠
  1. ※会場にご来場頂けなかったお客様のために、セミナー映像のYoutube配信も予定しています。

【お問い合わせ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話フリーダイヤル0120-878-410(受付:9時〜17時30分)<土・日・祝日は受付のみ>)
【ホームページ】http://panasonic.biz/broad/catv/

RSS