Panasonic Newsroom トッププレスリリーストヨタ自動車とパナソニック、クルマと家電をつなぐサービスを共同で開発

プレスリリース

2014年6月9日

トヨタ自動車株式会社
パナソニック株式会社

トヨタ自動車とパナソニック、
クルマと家電をつなぐサービスを共同で開発

トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)とパナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、両社で協力して、便利で快適なスマートモビリティ社会を実現するクルマと家電をつなぐサービスの共同開発を進めており、本年後半にも新たなサービスの提供を開始します。

トヨタは、スマートモビリティ社会の実現を目指した取組みの一環として、クラウド上の「トヨタスマートセンター」を介して人とクルマと家をつなぎ、便利で快適なカーライフをサポートするサービスをクルマの新しい付加価値と位置づけ、グローバルな展開を進めています。

パナソニックは、お客様一人ひとりの「A Better Life, A Better World」の実現に向け、これまでもテレビやビデオ、エアコンなど様々なスマート家電を他社に先駆けて提供し、環境に配慮しながらネットワークを使って「よりよいくらし」を提供する新しいスマートハウスへの取り組みを行っています。

両社は、昨年6月、クルマと家電をつなぐ次世代テレマティクスサービスの開発で協力関係を構築することに合意し、お互いのクラウドをつなぐインターフェースの開発を進めて参りました。
その成果として、クルマの位置情報と連動して、出掛ける際にエアコンの切り忘れ通知を行う、または、帰宅時には到着する前にエアコンの起動をお勧めするなど、新しいサービスの実用化に向けて準備を進めています。

さらに将来的には、両社の強みを活かした新たなサービスの創造により、人、クルマ、家、そして街までをつないだ、スマートモビリティ社会のさらなる発展に取り組んでいきます。

なお、共同開発中の新サービスについては、6月18日(水)から20日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(江東区有明)で開催される「スマートコミュニティJapan 2014」のトヨタブースにて紹介いたします。

<クラウド連携とサービスの概念図>

以上

RSS