プレスリリース

2013年12月19日

明るさに合わせ、心地よい光色に変化

シンクロ調色LED照明 品種拡充

さまざまなくらしのシーンにふさわしいあかりの演出が可能

LED建築化照明
LED建築化照明

長手配光LED間接光ブラケット
長手配光LED間接光ブラケット

長手配光LEDブラケット
長手配光LEDブラケット

リビングライコン
リビングライコン

品名 シンクロ調色LED照明 リビングライコン
器具種類 LED建築化照明 長手配光LED間接光
ブラケット
長手配光LEDブラケット -
品番数 3品番 2品番 2品番 6品番
明るさ・消費電力 12.7W 19.1W 25.4W 12.7W 25.4W
20形直管蛍光灯1灯相当
40形直管蛍光灯1灯相当
12.7W
20形直管蛍光灯1灯相当
40形直管蛍光灯1灯相当
-
希望小売価格(税抜) 33,000〜50,000円 42,000〜68,000円 49,500円 49,000円〜68,000円
色温度(光色) 2200K(電球色)〜5000K(昼白色)  -
光源寿命 40,000時間 -
発売日 2014年1月21日 2013年10月21日既発売
販売目標 シリーズ全体(合計41品番)15万台/2015年度 1万台/2015年度

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、明るさに合わせて(シンクロして)心地よい光色に変化する「シンクロ調色LED照明」の品ぞろえを拡充します。「シンクロ調色 LED建築化照明」「シンクロ調色 長手配光LED間接光ブラケット」「シンクロ調色 長手配光LEDブラケット」を2014年1月21日より発売します。これにより、シリーズ合計41品番となり、組み合わせの幅が広がります。2013年10月21日に発売済みの「リビングライコン」により、色温度(光色)を簡単に調整することができます。

現在、リビングやダイニングでの過ごし方が多様化し、過ごし方に合わせて光の色や明るさを選びたいというニーズが高まっています。最近では、子どもがリビングやダイニングで学習するスタイルが増えてきています。学習には白っぽくあかるい光、読書などのくつろぎの時間には温かい光を選ぶなど、くらしのシーンに合わせた空間演出が求められています。こうした光には人が快適と感じる「光色」と「明るさ」の領域があります。この「シンクロ調色LED照明」は、くらしのシーンに合わせ、人が快適と感じる「光色」と「明るさ」の領域を簡単に再現できます。

今回、「シンクロ調色LED照明」において「ラインタイプ(横長のタイプ)」を拡充します。容易に部屋の壁面全体を照らすことができるようになるとともに、操作性を向上させた「リビングライコン(別売)」を使用すれば、照準の色温度(光色)を簡単に設定することができます。

当社は、「シンクロ調色LED照明」の拡充とコントローラーの操作性の向上により、お客様のライフスタイルにあったさまざまな照明空間を提供していきます。

<特長>

  1. 品ぞろえ強化で、さまざまなくらしのシーンにふさわしいあかりの演出が可能
  2. リビングライコンの色温度(光色)の調節がワンタッチでできるようにバージョンアップ

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付 9:00〜20:00)
【エコソリューションズ社 ライティング機器ビジネスユニット 住宅商品グループ
電話:06-6908-1131(代表 受付 8:45〜17:30)】
シンクロ調色 LED照明 ホームページ URL:http://www2.panasonic.biz/es/lighting/home/newpro2013/autumn/synchro/top.html


1. 品ぞろえ強化で、さまざまなくらしのシーンにふさわしいあかりの演出が可能

■LED建築化照明
器具を建築物にすっきり納め、光を天井、床、壁面などに反射させることで、柔らかな間接光での空間演出を行うことが可能です。プリズムパネルで、LEDの光をやわらかく広範囲に広げます。

■長手配光LED間接光ブラケット
天井に近い位置で取り付けて、壁面の造作なしで建築化照明のような間接光が楽しめます。

■長手配光LEDブラケット
上下に光を広げ、可動式カバーで照射角度を調整できるので、吹き抜け空間にもおすすめです。

2. リビングライコンの色温度(光色)の調節がワンタッチでできるようにバージョンアップ

従来、長押しで色温度(光色)を微調整していましたが、ワンタッチであらかじめ設定された色温度(光色)に段階的に調整することも可能となり、簡単に空間演出ができるようになりました。

以上

<ご参考>

■デザイン分野での受賞について
シンクロ調色LED照明は、「ユニバーサルデザイン賞2013(主催:ドイツユニバーサルデザイン協会)」と、100名の一般の方(代表的な人口サンプルで構成)が選ぶ「ユニバーサルデザインコンシューマーフェイバリット賞2013」を同時受賞しています。また、「2012年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)」も受賞しています。

ページトップへホーム