Panasonic Newsroom トッププレスリリースICレコーダー RR-XS705/XS455/XS355を発売

プレスリリース

2013年11月1日

録りたい音声を逃さず録音できる「クリアズーム録音」搭載

ICレコーダー RR-XS705/XS455/XS355を発売

特定方向の音声を強調して聴ける「フォーカス再生」機能搭載(XS705/XS455)

RR-XS705/XS455/XS355

品名 ICレコーダー
品番 RR-XS705 RR-XS455 RR-XS355
希望小売価格 オープン価格
発売日 11月15日
-K(ブラック) -K(ブラック)
-W(ホワイト)
-S(シルバー)
-R(レッド)
-S(シルバー)
-A(ブルー)
-P(ピンク)
月産台数 3,000台 10,000台 10,000台

パナソニック株式会社は、会議や講義の録音、語学学習などのおけいこにも役立つICレコーダー RR-XS705/RR-XS455/RR-XS355 を11月15日より発売いたします。

本製品は、前方の音を強調し、ノイズを低減して録音できる「クリアズーム録音」機能により、狙った音をクリアに録音できます。また再生時に聴きたい方向の音を強調する「フォーカス再生」機能を搭載。複数の人が発言した会議でも、必要な声を聴き取りやすくします。
さらに、語学学習の際にお手本と一緒に繰り返し発音練習ができる「かんたんシャドーイング再生」、集音器として使える「集音機能」など、便利で多彩な機能を搭載しています。

当社は本製品を、ビジネスやおけいこごとにICレコーダーを役立てるユーザーに向けて幅広く提案してまいります。

<特長>

  1. 録りたい音声を逃さず録音できる「クリアズーム録音」(XS705は「可動式本格クリアズーム録音」)搭載
  2. 特定方向の音声を強調して聴ける「フォーカス再生」機能搭載(XS705/XS455)
  3. 語学学習やおけいこなどに役立つ「かんたんシャドーイング再生」機能搭載

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時から20時)
ホームページURL http://panasonic.jp/icrec/

【特長】

1. 録りたい音声を逃さず録音できる「クリアズーム録音」(XS705は「可動式本格クリアズーム録音」)搭載

マイクポジションを「ズーム」に切り替えれば、前方正面の狙った方向の音を強調するとともに、エアコンなどの周期的な雑音を低減して録音できます。講義やインタビューなど、特定方向の録音に適しています。周囲の音をバランスよく集音する、会議などに適した「ステレオ録音モード」との切り替えは、ワンタッチでできます。

XS705については、「可動式本格クリアズーム録音」を搭載。減算型ズームとセンター強調処理を加えることで、前方の狙った音をよりクリアに録音できます。

2. 特定方向の音声を強調して聴ける「フォーカス再生」機能搭載(XS705/XS455)

会議などで音声を録音後、再生時に聴きたい方向(前方、左、右)を選び、音を強調する機能です。複数の人が会話した場合でも、聴きたい人の声をしっかり聴き取れます。

前方、左、右の特定方向の音声を強調する「フォーカス再生」

また、エアコンなどの周期性のある雑音を低減させ、人の声を聴き取りやすくする「ノイズキャンセル再生」機能も搭載しています。

3. 語学学習やおけいこなどに役立つ「かんたんシャドーイング再生」機能搭載

シャドーイングとは、音声を聞きながら、聞こえた音をほぼ同時に繰り返して言うリスニングのトレーニング方法です。トレーニングしたいA-B区間を設定し、再生音(お手本)とほぼ同時に発声してトレーニングを行います。これを繰り返し行うことで、自分のペースに合ったトレーニングができるようになり、英会話等の語学力向上に役立ちます。

お手本と一緒に繰り返し練習できる「かんたんシャドーイング再生」

トレーニングをさらに効率的に行える「スキップ機能」と「復習ポイント機能」(RR-XS705/XS455)の2つの機能を新たに搭載しました。

「スキップ機能」は、再生中の無音区間をワンタッチで飛ばし、発声後の待ち時間なくスムーズにトレーニングできます。

上達に合わせて効率的に練習できる「スキップ機能」

「復習ポイント機能」(RR-XS705/XS455)は、長いセンテンスのトレーニング中に発声できなかった部分で、ボタンを1秒以上押し続けると、押し始め位置から3秒前にインデックスがつき、そのインデックス位置から復習できます。

つまずいた場所にすぐに戻れる「復習ポイント機能」

●シャドーイング練習用のコンテンツを搭載
シャドーイングのトレーニングを手軽に体験いただくため、シャドーイングの練習用コンテンツを本製品の内蔵メモリー内に用意しています。シャドーイングについての音声解説と難易度別の練習用コンテンツ6種類を収録したMP3ファイルと、MP3ファイルの音声内容をテキストにしたPDFファイルがあります。

4. シーンに適した設定で録音できる「録音シーンセレクト」

シーンごとにおすすめの録音設定を用意した「録音シーンセレクト」機能を搭載。録音シーンを選ぶだけで、シーンに適した設定で手軽に録音することができます。

【用意している録音シーン】
  録音シーン
XS705
XS455
語学学習、カラオケ、楽器演奏、会話、会議、
講義、お気に入り(好みの設定を保存できます)
XS355 おけいこ、会話、講義

5. マイクで集音した音をインサイドホンでリアルタイムに聴ける集音機能

マイクで集音した音を強調、調整して、インサイドホンでリアルタイムに聴くことができます。集音機として使えるので、周りの音が聴こえにくい場合などに便利です。集音機能動作中に録音ボタンを押すと録音を開始できます。
(RR-XS455/XS355はインサイドホン別売)

【その他の特長】

  • パソコンに直接接続してデータのやりとりが手軽にできる「USBダイレクト接続」
  • パソコンから充電可能(RR-XS705/XS455)
  • 風切音を軽減する「風音キャンセル再生」(RR-XS705/XS455)
  • 現在時刻や録音日時、設定内容などを音声で読み上げる「新音声ガイド」
  • 遠くの音も近くの音も聴きやすくする「音声レベル自動調整」
  • FMラジオチューナーを搭載(※1)(RR-XS705/XS455)
  1. ※1:FMラジオを受信する場合、インサイドホンがFMアンテナの役割をします。(RR-XS455 インサイドホン別売)

【国内需要動向】

(当社調べ)
  2010年度 実績 2011年度 実績 2012年度 実績 2013年度 見込み
ICレコーダー 123万台 128万台 141万台 148万台

【主な仕様】

品番 RR-XS705 RR-XS455 RR-XS355
内蔵メモリー容量 4GB(※2) 2GB(※2)
録音可能時間 PCM 44.1kHz
(ステレオ)
約6.0時間(※3) PCM(ステレオ):
約2時間50分
XP(ステレオ):
約21.5時間
SP(ステレオ):
約32.5時間
LP(モノラル):
約130.5時間
SLP(モノラル):
約522.5時間
MP3 320kbps
(ステレオ)
約26.5時間
MP3 192kbps
(ステレオ)
約44.5時間
MP3 128kbps
(ステレオ)
約66.5時間
MP3 64kbps
(ステレオ)
約133.5時間
MP3 32kbps
(モノラル)
約267.0時間
MP3 8kbps
(モノラル)
約1069.0時間
最大ファイル数 A、B、C、Dフォルダ(マイク録音用)、
Lフォルダ(ライン録音用)、
FMフォルダ(FMラジオ録音用)、
Mフォルダ(音楽用):各199ファイル
マイクフォルダ(マイク録音用)、
ラインフォルダ(ライン録音用)、
音楽フォルダ:
各199ファイル
FMラジオチューナー FM:76.0〜90.0MHz(0.1MHzステップ)
USB USB2.0(Hi-Speed)
音声出力 ヘッドホン
端子
φ3.5mm、推奨インピーダンス16Ω、
10+10mW(JEITA)
φ3.5mm、推奨
インピーダンス16Ω、
2.5+2.5mW
(JEITA)
スピーカー
出力
φ20mm、8Ω、90mW(JEITA)
本体電源 DC1.2V(ニッケル水素充電式電池×1本使用)
USB充電(充電時間:約2時間)
DC1.5V(単4形アルカリ乾電池×1本使用)
DC1.5V
(単4形アルカリ乾電池×1本使用)
最大外形寸法
(幅×高さ×奥行)
46.3×122.2×
21.6mm(JEITA)
40.8×105.0×
16.8 mm(JEITA)
40.1×112.7×
15.6 mm(JEITA)
本体寸法
(幅×高さ×奥行)
38.5×122.2×
15.7mm
40.2×105.0×
14.8mm
38.5×112.7×
14.6mm
質量 約66g(充電式電池含む)
約55g(充電式電池含まず)
約55g(充電式電池含む)
約44g(充電式電池含まず)
約51g(乾電池含む)
約40g(乾電池含まず)
付属品 単4形ニッケル水素
充電式電池×1、
電池保管袋、
ステレオインサイドホン
(イヤーピース付き:
XSサイズ、Sサイズ
〈お買い上げ時には
Mサイズが装着〉)
単4形ニッケル水素
充電式電池×1、
電池保管袋
単4形アルカリ乾電池×1

■電池持続時間(XS705、XS455)

  録音時(※4) 再生時(※5)
録音モード 充電式電池(※6) アルカリ乾電池(※7) 充電式電池(※6) アルカリ乾電池(※7)
PCM 44.1kHz
(ステレオ)
約12.5時間 約19.5時間 約8.5時間 約18.0時間
MP3 320kbps
(ステレオ)
約15.5時間 約27.0時間 約10.5時間 約20.5時間
MP3 192kbps
(ステレオ)
約15.5時間 約29.0時間 約10.5時間 約20.5時間
MP3 128kbps
(ステレオ)
約16.0時間 約30.5時間 約10.5時間 約20.5時間
MP3 64kbps
(ステレオ)
約20.0時間 約38.0時間 約11.0時間 約21.5時間
MP3 32kbps
(モノラル)
約24.5時間 約40.5時間 約11.0時間 約21.5時間
MP3 8kbps
(モノラル)
約26.5時間 約45.5時間 約12.0時間 約22.0時間
  充電式電池(※6) アルカリ乾電池(※7)
FMラジオ受信時(※8) 約4.5時間 約6.5時間
FMラジオ録音時(※4) 約3.5時間 約5.5時間

■電池持続時間(XS355)(※7)

録音モード 録音時(※9) 再生時(※5)
PCM 約29.5時間 約12.5時間
XP 約35.5時間 約14.0時間
SP 約36.0時間 約14.0時間
LP 約47.5時間 約17.0時間
SLP 約48.5時間 約17.0時間
●各モードの最大録音時間は、それぞれ1つだけで使い切ったときの時間です。電池持続時間は使用条件によって短くなる場合があります。
  1. ※2:内蔵メモリーの使用可能領域は表示容量より少なくなります。
  2. ※3:RR-XS705でマイクポジションをZOOMにしてPCM録音する場合は、ビットレートが約半分になり、録音時間が約2倍になります。
  3. ※4:録音モニターなし、録音/動作表示ランプOFF、録音レベル調整自動。
  4. ※5:音量11、再生速度1倍速(100%)、当社試験法による測定。
  5. ※6:充電式電池(付属)を使用。
  6. ※7:パナソニック単4形アルカリ乾電池を使用。
  7. ※8:スピーカー出力時。
  8. ※9:録音モニターなし、録音/動作表示ランプOFF。

以上

RSS