Panasonic Newsroom トッププレスリリース両面発電型太陽電池モジュール 「新・HIT(R) ダブル」受注開始

プレスリリース

2013年9月24日

【訂正】2013年9月25日 希望小売価格:198,000円/枚 → 207,900円/枚 に訂正

両面発電モデルで業界最高水準(※1)の変換効率

両面発電型太陽電池モジュール 「新・HIT®*ダブル」受注開始

ライトスルー構造による優れたデザイン性


【両面発電型太陽電池モジュール 「新・HITダブル」】

品名 両面発電型太陽電池モジュール 「新・HITダブル」
品番 VBHN225DJ05
希望小売価格(税込) 207,900円/枚
受注開始日 2013年10月1日
販売目標 5,000枚/年

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、両面発電モジュールにおいて業界最高水準の変換効率(※1)16%(※2)を実現した両面発電型太陽電池モジュール「新・HITダブル」を公共・産業用として、2013年10月1日より受注を開始します。

国内における公共・産業用途の太陽光発電システム市場は、昨年7月から開始された再生可能 エネルギーの固定価格買取制度の施行により、学校、店舗、工場、オフィスなどの分野で活況を呈しています。また、市場の拡大とともに、さまざまな場所に幅広く対応できる設置方法が求められています。

このような中、当社は、昨年より国内で本格展開している両面発電型太陽電池モジュールの表面公称最大出力を15Wアップさせ、225Wを達成する「新・HITダブル」を発売します。また、「HIT240α/245α」「HITハーフタイプ120α」と同様、出力保証期間を従来の10年から20年に延長します。
従来の両面発電と同様、両面から光を取り込めるため、設置する方位や角度による発電量への影響が少なく、垂直に設置した場合、標準のHIT太陽電池モジュールの同条件の設置に比べて約30%(※3)の発電量増加が見込めます。

当社は、本製品によりお客様のニーズに対応し、太陽光発電システムの一層の普及拡大を図ります。

<特長>

  1. 表裏対象構造のHIT太陽電池セルを表面ガラスと裏面ガラスのサンドイッチ構造のモジュールにすることにより、両面からの発電が可能
  2. 両面発電モジュールで業界最高水準の変換効率(※1)16%(※2)を実現
  3. モジュールの出力保証期間を20年に延長(表面出力)
  4. ライトスルー構造による優れたデザイン性
  1. ※1:2013年9月現在、両面発電モジュールにおいて、当社調べ
  2. ※2:表面(受光面)に光を当てたときの値であり、裏面の値は含みません
  3. ※3:大阪・南向き、垂直設置、設置面コンクリートの場合
  4. *HITはパナソニックグループの登録商標であり、オリジナル技術です

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター フリーダイヤル 0120-878-365(受付 9:00〜20:00)
【エコソリューションズ社 エナジー商品営業企画部 電話:06-6908-1131(代表 受付 8:45〜17:30)】
ホームページURL:http://www2.panasonic.biz/es/souchikuene/


【特長】

(1)表裏対象構造のHIT太陽電池セルを表面ガラスと裏面ガラスのサンドイッチ構造のモジュールにすることにより、両面からの発電が可能

左)標準HITモジュール構造 
右)新・HITダブルモジュール構造

(2)両面発電モジュールで業界最高水準の変換効率(※1)16%(※2)を実現

(3)モジュールの出力保証期間を20年に延長(表面出力)

モジュールの出力がJIS C8918の6.1(性能)に示された公称最大出力に対して、10年で81%未満、または20年で72%未満になった場合に保証します。

(4)ライトスルー構造による優れたデザイン性

フレームの影の影響を考慮し、太陽電池セルと外枠フレームの距離を広げ、より多くの光の透過を可能にしました。

■両面発電型太陽電池モジュール HITダブルの設置例

駐輪場(海外) 屋上フェンス 駐車場(海外)

■仕様一覧

  両面発電型太陽電池モジュール 「新・HITダブル」
品番 VBHN225DJ05
公称最大出力(Pmax) 225W
モジュール変換効率 16.0%
公称最大出力動作電圧 43.2V
公称最大出力動作電流 5.21A
公称開放電圧 52.4V
公称短絡電流 5.54A
サイズ(W/H/D) 1,630mm×862mm×35mm
質量 24kg

以上

RSS