Panasonic Newsroom トッププレスリリース高速伝送に最適 業界初『HDMI Ver.2.0規格準拠通信LSI』を商品化

プレスリリース

2013年9月12日

高速インタフェースHDMI最新規格に準拠した機器商品化と適用分野拡大に貢献

高速伝送に最適 業界初※1『HDMI Ver.2.0規格準拠通信LSI』を商品化

高精細・高画質な4K 50/60p伝送が可能

パナソニック株式会社オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、高精細な4K 50/60p[1]映像の伝送に最適なHDMI[2]最新規格書Ver.2.0準拠の通信LSIを業界で初めて※1商品化しました。これにより、高精細な4K 50/60p 映像の動画表示に対応した機器の実現と4K対応機器の普及ならびに適用分野の拡大に貢献します。

製品名 HDMI Ver.2.0規格準拠通信LSI
品番 MN864777、MN864778
量産開始 2013年9月
生産能力 量産開始時月産100万個以上

高速インタフェースHDMI最新規格のHDMI Ver.2.0規格は、現在広く普及しているHDMI Ver.1.4bのフルHD伝送と比較して4倍速い6Gbps伝送を実現しています。そのため、本規格により高精細・高画質な4K 50/60p 映像を規格外の方法ではなくケーブル1本で動画表示することが可能になります。
4K 50/60p を伝送する方法が規格化されたことにより、4Kに対応した大画面モニタなどの放送・産業機器や、車載用表示機器などの4K機器の適応分野拡大が見込まれます。そのため当社は「HDMI Ver.2.0規格」に準拠した通信LSIを商品化しました。本製品を使用することで容易に機器の4K 50/60p 対応が可能になり、4K機器の普及や適用分野の拡大に貢献します。また、半導体IPをお客様へ提供することにより、さらなる4K機器の普及拡大を図ります。

【特長】

  1. HDMI Ver.2.0規格に準拠し、4K 50/60p対応の高精細な映像をありのまま表示できます
    従来のカテゴリー2 HDMIケーブルのまま4K 50/60p映像伝送を実現
  2. 機器設計の容易化と相互接続性の改善が実現できます
    スクランブル機能に対応することにより不要輻射(EMI)[3]を低減
    高速差動伝送技術で伝送特性を向上
  3. グローバル規格に対応することにより、様々な機器に展開できるため、4K機器の普及ならびに適応分野拡大に貢献します
    2品種展開のため、民生用のみならず放送用・産業用・車載用4K機器などに展開可能
  4. 高画質化機能を搭載し、既存フルHDソースでも高画質処理した4K映像表示を実現できます(MN864777)
    高画質化機能として、4K 50/60pスケーラ[4]超解像回路[5]を搭載
  1. ※1HDMI 2.0規格対応の半導体として 2013年9月12日、当社調べ

【用途】

放送用・産業用・車載用4K機器、民生用4K機器。


【HDMIに対する性能と品質の実績】

パナソニックはHDMI Founder及びHDMI Forum[6]のメンバーとして、HDMI全世代の規格に関して主導的な役割を果して来ました。またHDMI対応機器の普及を促進し、様々なセット機器に対応したHDMIコントローラ内蔵LSIを開発し、HDMI応用製品の発売当初から10年間の商品化実績を積み重ねて来ました。本LSIにおいては、これら過去からの商品化実績に裏付けされた「高性能」「高品質」を実現しています。

【特長の説明】

1. HDMI Ver.2.0規格に準拠した4K 50/60p対応の高精細な映像をありのまま表示できます

業界で初めて※1HDMI Ver.2.0規格準拠4K 50/60p伝送(ハイスピード6Gbps伝送)に対応したLSIを商品化しました。これまで規格外方式として一部使用されていた4本や2本を使用した4K 60p伝送実現方法や映像のデータを圧縮する4K 60p伝送実現方法から、標準規格として1本のケーブルで伝送が可能となりました。これにより、色信号を圧縮しない4:4:4の信号を伝送することで、4K 50/60p対応の高精細な映像をありのまま表示することが可能です。

2. 機器設計の容易化と相互接続性の改善が実現できます

本製品ではインテリジェントスクランブル方式[7]を採用しました。パナソニックは仕様の提案を行うなど規格の策定に大きく貢献しました。さらにこの機能を採用することで、新規格6Gbps伝送時だけでなく、既存規格の3.4Gbps以下の伝送時においても不要輻射の改善を実現することが可能です。加えて独自の高速差動伝送技術により伝送特性を向上することで、ノイズ設計の容易化などの機器設計を容易にする低EMIの実現、相互接続性の大幅な改善が見込まれます。

3. グローバル規格に対応することにより、様々な機器に展開できるため、4K機器の普及ならびに適応分野拡大に貢献します

24mm角QFP[8]、20mm角QFPの2つのパッケージに対応した2品種を同時開発しました。これら2品種はグローバル規格に対応しており、高速にデジタル映像の伝送を行いたいという要望のあるTV・モニタ等の受像機器をはじめ、ブルーレイディスクレコーダやプレーヤ・STB等のソース機器、AVレシーバー等のリピーター機器、大画面モニタ・車載用表示機器などの4K機器にも同時展開可能です。

4. 高画質化機能を搭載し、既存ソース機器でも高画質化して高精細な4K映像表示を実現できます(MN864777)

リアルタイムにフルHD画質を4K 50/60p 映像にアップサンプリング[9]する4K 50/60p スケーラと、そのアップサンプリングされた映像データを高画質化するための技術である超解像回路を搭載しています。これにより、ブルーレイディスクをはじめとする既存ソース機器からの出力でも、4K 50/60p 機器に対応可能です。

【仕様】

品番 MN864777 MN864778
パッケージ 24.0mm角 0.4mmピッチ
216pin HQFP
20.0mm角 0.5mmピッチ
144pin HQFP
HDMI機能 HDMI Ver.2.0規格準拠
4K 50/60p対応
画像変換機能 4K 50/60pスケーラ、超解像 -
映像パラレルインタフェース[10] -
電源電圧 3.3V、 1.1V

【用語の説明】

[1] 4K 50/60p
4K 50/60pとは映像に関する解像度の表現で、標準的な仕様としては3,840×2,160ピクセルでフレームレートが60フレーム、画素フォーマットは4:4:4。
[2] HDMI (High Definition Multimedia Interface)
HDMIとはデジタル家電やAV機器向けに策定されたデジタル映像・音声出力インタフェース規格。
[3] 不要輻射(EMI)
電波障害の原因となる余計な電波。
[4] 4K 50/60pスケーラ
リアルタイムにフルHD画質を4K 50/60p 映像に高解像度化する機能。
[5] 超解像回路
フルHD画質を4K 50/60p画質にアップコンバートされた映像データを高画質化するための技術。
[6] HDMI Forum
HDMI Ver1.4b規格書を元にHDMI Ver.2.0規格を策定した団体。
[7] インテリジェントスクランブル方式
EMIを低減するために、“0”または“1”のパターンが連続しないようにする方式。
[8] QFP(Quad Flat Package)
主に外形は四角形で、4辺から端子がつき出しており、プリント配線板の表面にはんだ付けされる半導体パッケージの1種。
[9] アップサンプリング
低い解像度のデータを高解像度化すること。
[10] 映像パラレルインタフェース
同時に複数の信号を並列に送るインタフェースのこと。一般的にスピーカーやAVアンプなどの入出力に使われることが多い。

以上

RSS