Panasonic Newsroom トッププレスリリース入浴の目的・スタイルなどに関する実態調査を実施

プレスリリース

2013年9月11日

生活者アンケート調査

入浴の目的・スタイルなどに関する実態調査を実施
〜入浴の目的は、リフレッシュ、リラックス、美容・健康。20代ではスマホ持ち込みが定番に ! ?〜

全国の20〜60代の900人を対象に実施

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、入浴に関する実態の把握を目的に全国の20〜60代の約900人を対象としたアンケート調査を2013年8月に実施しました。生活者アンケートは、今年4月に実施した主婦を対象としたアンケートに続き、2回目の調査となります。今回は、入浴時にどんなことをしているのかという観点からアンケートを実施。入浴の目的や新しい入浴スタイルなどを調査しました。その結果、入浴の目的は、リフレッシュ、リラックス、美容・健康。20代ではスマートフォン(スマホ)持ち込みが定番になっていることがわかりました。

今回の調査では、全国の約900人を対象に調査を実施。入浴の目的や入浴時に実施していること、お風呂に持ち込むものなどを調査することで、お風呂の価値が多様化している最近の入浴スタイルが明らかになりました。

主な調査結果では、まず入浴の目的として

  • 「汗をかいたあとシャワーでさっぱりしたい」83.3%
  • 「お風呂で体をきれいにしてリフレッシュしたい」82.9%
  • 「お風呂でリラックスして夜ゆっくり休みたい」79.8%

など、リフレッシュ、リラックス、美容・健康などを目的に入浴していることが改めてわかりました。
入浴時の行為として、半身浴:32.6%、つぼ押し・マッサージ:20.1%、ストレッチ:17.4%と続き、40代の女性では、半身浴を42.5%の人が実施しています。また、つぼ押しマッサージについては、女性では約30%の人が実施しています。

さらに、保有物のお風呂への持ち込み調査も実施しました。防水TV:47.1%、頭皮マッサージ器:36.4%、角質除去クリーム:31%、入浴剤:27.6%、保有している人は、お風呂で定期的に使用していることもわかりました。

1 防水TV(17人) 47.1% 5 シェービング器(198人) 20.7% 9 髪染め(224人) 18.3%
2 頭皮マッサージ器(44人) 36.4% 6 防水タブレット(10人) 20.0% 10 歯ブラシ(902人) 13.4%
3 角質除去クリーム(100人) 31.0% 7 防水スマートホン(157人) 18.5% 11 フェイスマスク(217人) 10.6%
4 入浴剤(902人) 27.6% 8 防水ラジオ(27人) 18.5%      

今回、近年使用率の高まっているスマホのお風呂への持ち込み調査も実施。スマホ保有者約400名の11.2%の人が浴室に持ち込んでおり、さらに防水機能付スマホ保有者の20〜30代では約30%の人がお風呂に持ち込んでいることがわかりました。

【お問い合わせ先】

エコソリューションズ社 宣伝・広報グループ 大阪広報チーム
電話:06-6908-1131(代表 受付8:45〜17:30)
入浴の目的・スタイルなどに関する実態調査ページ
URL:http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/enq/002/

【調査概要】

■調査目的 近年、お風呂の価値が多様化している。 本調査では、お風呂に持ちこんでいる物を調査し、現代人のお風呂の時間の過ごし方を探る。
■調査方法 インターネットリサーチ
■調査地域 全国
■調査対象者 20代〜60代男女
N=902(男性458、女性444)サンプル
■調査実施時期 2013年8月2日(金)調査開始
■調査内容 1)お風呂に持ち込んでいるもの
2)お風呂での美容・健康
3)お風呂でのスマートフォン・タブレット
4)現代人のとってのお風呂とは
■調査実施 パナソニック株式会社 エコソリューションズ社

■主な調査結果詳細

入浴の目的は、リフレッシュ、リラックス、美容・健康
入浴についていろいろな意見を聞いたところ、「リフレッシュしたい」「さっぱりしたい」「リラックスしたい」などの要望が多く1日の疲れを取る重要な場として位置づけられています。
  • 「汗をかいたあとシャワーでさっぱりしたい」83.3%
  • 「お風呂で体をきれいにしてリフレッシュしたい」82.9%
  • 「お風呂でリラックスして夜ゆっくり休みたい」79.8%
また、入浴時の美容に対する意識は、全体的に女性の意識が高くほとんどの項目で男性を上回っています。
お風呂で求める美容・健康のための効果
お風呂で求める効果としては、疲れを取るなど、美容・健康に関わるものがほとんど。
また、そのため環境としては、「清潔な浴槽」「温かい浴室」「のぼせない温度」などが上位を占めました。
美容・健康のためにお風呂でしていること
リフレッシュ、リラックス、美容・健康などを目的とした行為として入浴剤を入れる55.7%、半身浴:32.6、つぼ押しマッサージ:20.1%、ストレッチ:17.4%と続き、40代の女性では、半身浴を42.5%の人が実施。
「やっていないがしてみたいこと」としては、ジェットバス、スチームサウナがなど実質リフォームが必要な設備が上位にランクイン。また、「頭皮ケア」「ボディーケア」など、皮膚に関する美容ケアについて30%以上4項目がランクイン。美容や清潔さを保つことへの関心の高さが伺えます。
頭皮マッサージ、角質クリームは、お風呂で使用されている!
  • 頭皮マッサージでは、保有している人は44名と少ないですが、約36%の人がお風呂で使用しており、30代男性では、75%の人がお風呂で使用しています。(今後お風呂での使用が定番になるかも知れません。)
  • 角質除去クリームでは、全体では11.1%の人が保有していますが、そのうちの30%の人がお風呂で実施していますが、年代別では、20代では男性33.3%、女性58.8%の人が角質除去クリームをお風呂で使用しています。
  • 防水TVでは、17名と少ないですが47.1%の人が、お風呂で使用されています。
20〜30代の防水携帯所有者の約30%はスマホをお風呂で使用
スマホのお風呂持ち込みについて20〜30代は抵抗がないが、50代以上はゼロ
  • スマホの保有者は、全体の42.6%その中でお風呂に持ち込む人は、11%とまだ少ないが、防水スマホを保有の20〜30代では、お風呂への持ち込みは約30%になっています。
  • スマホ持ち込みを「できれば、やってみたい」という調査では、全体で20%、20代では33.7%が持ち込みたいと思っています。また、20代女性は42.9%と半数近くがお風呂へスマホを持ち込みたいと思っていることがわかりました。
  • 一方、50代:16%、60代:7.9%と年齢が上がるほどスマホ持ち込みの関心が下がっています。
  • スマホを持ち込むことを「想像もしていなかった」という人は、53.2%と半数以上の人が懸念を示していますが、20代では、14.7%にとどまっています。
スマホをお風呂に落とした回数
  • 持ち込み時の不安ごとは、もちろん「機器をぬらして故障」「お湯に落とす」ですが、実際に落とした人は、持ち込み者の22.7%が1回落とした経験があり、2回は14.9%、3回以上は12.8%お湯に落としています。
  • 2回と3回以上落とした人の数値があまり変わらないところを見ると、2回以上落とす人は何度も落としている可能性があります。

アンケート調査結果の詳細データはこちら [PDF:2.13MB]

RSS