Panasonic Newsroom トッププレスリリース4K対応 スマートビエラ TH-L65WT600を発売

プレスリリース

2013年9月5日

世界初※1 DisplayPort™1.2a/HDMI 2.0準拠で4K60p入力に対応!

4K対応 スマートビエラ TH-L65WT600を発売

世界初※1 4Kブラウザー表示で快適操作を実現

TH-L65WT600

品名 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
品番 TH-L65WT600
サイズ 65V型
本体希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 10月中旬
月産台数 1,000台

パナソニック株式会社は、大画面で4K高画質を楽しめるデジタルハイビジョン液晶テレビ“4K対応スマートビエラ”TH-L65WT600(65V型)を10月中旬より発売します。

本製品は放送だけでなく、インターネット上のコンテンツを快適に視聴できる「スマートビエラ」(2013年4月発売)を更に進化させ、楽しさと便利さを拡げて参ります。

スマート機能を4K表示(実解像度3840×2160)に対応させることで表示領域を拡げ、一段と便利に使いやすくしました。また、世界初(※1)となるDisplayPort™1.2aに準拠することによりパソコンと接続して、4K60pのハイクオリティなゲームなどがお楽しみいただけます。

しかも、高画質技術「4Kフレームクリエーション」「4Kファインリマスターエンジン」搭載により、質感豊かで、動きの滑らかな映像をお楽しみいただけます。
さらに、世界初(※1)となる4K60p映像信号入力に対応したHDMI 2.0にも準拠。将来予定されている4K放送(※2)やソフトもお楽しみいただけます。

当社は本モデルを通じ、4K高画質を活かした一歩先行く快適なライフスタイルを提案してまいります。

<特長>

  1. 世界初(※1) 4K対応スマート機能搭載
    (1)スマート機能が「4K高解像度」に。広い表示領域でさらに使いやすく
    • 「マイホーム」機能が4K表示に対応
    • 世界初(※1)ブラウザー機能が4K表示対応に。表示領域が広がり、さらに使いやすくなりました
    • 4K画質で公開されているオンライン動画を、4K高画質でお楽しみいただけます
    • 地上デジタル放送 全チャンネルを24時間表示できる番組ガイド(27ch表示)を搭載しました
    • メディアプレーヤーで4Kコンテンツを再生(SD/USB)
    (2)世界初(※1) DisplayPort™1.2aに準拠することでパソコンからの4K60p映像を表示できます
  2. 4K高画質技術「4Kフレームクリエーション」「4Kファインリマスターエンジン」搭載
    (1)「4Kフレームクリエーション」で、残像を抑えた滑らかな動きを再現
    (2)超解像技術によりデジタル放送やブルーレイソフトも、高精細な4K高画質で描き出します
  3. 世界初(※1) HDMI 2.0準拠。4K60p映像信号入力に対応
  1. ※1:2013年9月5日現在 当社調べ チューナーを搭載した民生用テレビとして。
  2. ※2:本製品は4Kの放送は受信できません。4K放送を楽しむには今後発売される別売のチューナーが必要です。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
(受付9時から20時)フリーダイヤル 0120-878-365
ホームページURL http://viera.jp

【背景】

スマート化比率が高まる大画面テレビ市場では、より高精細で緻密な表現ができる高画質なテレビが求められています。そこで今回、フルハイビジョンの4倍となる解像度を持つ4Kディスプレイを採用し、スマート機能の使いやすさをさらに向上させました。もちろん、現在のデジタル放送やブルーレイソフトの視聴も当社独自の超解像技術「4Kファインリマスターエンジン」の搭載により4Kの高画質映像でお楽しみいただけます。さらに世界初となるHDMI 2.0に準拠することで、4K60p入力にも対応。将来予定されている4K放送(※2)やコンテンツもお楽しみいただけます。

当社は本製品を通じ、コンテンツを別次元の美しさで楽しむとともに、簡単操作環境の実現により、一歩先の快適な「スマートAVライフ」を提案してまいります。

【特長】

1. 世界初(※1) 4K対応スマート機能搭載

(1)スマート機能が「4K高解像度」に。広い表示領域でさらに使いやすく

4K表示対応のマイホーム●「マイホーム」機能が4K表示に対応
フルハイビジョンの約4倍の3840×2160画素という高解像の広い表示領域を活かすために、新たな「マイホーム」を開発。従来、サイトのイメージの一部を表示するだけだった「ブックマーク表示」もほぼサイト全体を表示することが可能となりました。
●世界初(※1) ブラウザー機能が4K対応に。表示領域が広がり、さらに使いやすくなりました

4K表示対応ブラウザー

ブラウザー機能も4K表示に対応。地図など4K表示に対応したWebサイトなら広々表示できます。

●4K画質で公開されているオンライン動画を、4K高画質でお楽しみいただけます

インターネット上で公開されている4K動画を4K高画質のままでお楽しみいただけます。さらに本製品内で画質補正をおこなうことで、コマ数の少ない動画もより高画質でお楽しみいただくことができます。

●地上デジタル放送全チャンネルを24時間表示できる番組ガイド(27ch表示)を搭載しました

4Kの広い表示領域を使い、番組ガイドも使いやすくなりました。地上デジタル放送を全チャンネル、しかも24時間分を1画面で表示することが可能になりました。大画面、高精細な文字で、新聞のテレビ欄のように一覧できます。また、使いやすい文字サイズに7段階で表示切替できます。

●メディアプレーヤーで4Kコンテンツを再生(SD/USB)

SDカードやUSBメモリーに保存された4K動画や静止画も気軽に再生してお楽しみいただけます。
*画像は説明のためのイメージです。

(2)世界初(※1) DisplayPort™1.2aに準拠することでパソコンからの4K60p映像を表示できます

パソコンの世界でスタンダードであるDisplayPort™1.2aに準拠。
4K60p映像信号の入力も可能になりました。
4K高画質で制作されたPC用のゲームも、オリジナルの高精細画質のまま迫力ある映像でお楽しみいただけます。
また、モニターモードを搭載することで、ゲームに適した遅延の少ない色鮮やかな映像でお楽しみいただけます。

2. 4K高画質技術「4Kフレームクリエーション」「4Kファインリマスターエンジン」搭載

(1)「4Kフレームクリエーション」で、残像を抑えた滑らかな動きを再現

1秒60コマで構成される動画の映像を解析し、動きを予測して新しいコマを補間。さらに、バックライトの領域を分割。映像にあわせて分割したブロックのバックライトを順次オフにし、黒を挿入した発光をおこなうことで、残像感を大幅に低減し、動きの速い映像も細部までクッキリ描写します。これにより16倍速相当の映像表示が可能となりました。

バックライトスキャニングのイメージ

また、本製品は4K60p入力に対応しているため、4K120p映像で表示する場合でも、4K30p入力より補間するコマ数が少なくなるため、前後から作り出す映像コマが少なく、より精度が高く、動きの滑らかな映像でお楽しみいただけます。

●映像に応じてバックライトの明るさを制御。

LEDバックライトのエリア制御技術を搭載。エリアごとの明るさに応じて光量を緻密に調節します。これにより高コントラストで、色鮮やかな映像美をお楽しみいただけます。

*画像は説明のためのイメージです。

(2)超解像技術によりデジタル放送やブルーレイソフトも、高精細な4K高画質で描き出します

4K映像コンテンツがまだ少ない現在、デジタル放送やブルーレイソフトなど既存のコンテンツを4Kの高解像度映像でお楽しみいただくためには、画質補正は重要なポイントです。

本製品は入力された映像信号を、内蔵している12万通りの映像データベースと照合し、画質補正をおこなう「リマスター超解像」と、映像の質感を高める「ディテール超解像」を組み合わせた「4Kファインリマスター」により、フルHDやSD画像を高精細な4K映像にアップコンバートします。

また、補正に使用されるデータベースはデジタル放送用、ブルーレイソフト用などソースごとに用意されているため、高い精度での補正を行うことができます。
もちろん、4K映像に対しては、高解像度用の映像処理をおこなうことで、さらに高画質な4K映像でお楽しみいただくことができます。

●古いSD映像のドラマを、すっきり見やすい映像にする「ランダムノイズリダクション」
古い映像や、暗い環境で撮影された映像などに含まれるノイズに対し、独自のノイズ分布モデルを用いて本来の映像とノイズ成分を高精度に分離。ノイズを抑えた、すっきりとした見やすい映像に補正します。

●映像のきらめき感を復元する「キラメキ復元効果」を採用
人は無意識のうちに美しくきらめく質感のイメージを作り上げています。
周囲とのコントラスト比でキラメキや透明感を感じる視覚特性を応用し、キラメキ感の不足した映像に対して理想に近い質感イメージを復元します。

●劣化の激しいネット動画を見やすく変換する「ネット超解像」

インターネット画像にありがちな輪郭の崩れは、輪郭を再現するための情報が少しずつ捨てられているために発生します。「ファインリマスターエンジン」のネット超解像は、わずかに残っている情報を、近くにある「特徴の似た絵柄」同士で補い合うことで元の輪郭を推定する独自のアルゴリズムを搭載し、ブロックノイズなどの画質劣化レベルも判断して補正することにより、インターネット画像を滑らかで見やすい画像に変換します。

●ネット映像の文字を読みやすく補正する「クリアフォント」

クリアフォントにより文字も読みやすく補正

低解像度インターネット動画の中に含まれる字幕などの文字は、インターネット特有の高圧縮処理により輪郭等が崩れてしまっていますが、「ファインリマスターエンジン」のクリアフォントは、文字特有の特徴分布を検出し、輪郭の形状に合わせて平滑化と強調を行い文字を読みやすくします。

*画像は説明のためのイメージです。

3. 世界初(※1) HDMI 2.0準拠で、4K60p映像信号入力に対応

HDMIの最新規格、HDMI 2.0に準拠。解像度4K、フレームレート60p映像信号の入力に対応しました。1秒間に60枚のフレームを表示するので、速い動きもブレが少なく、安定したなめらかな映像を楽しめます。さらに色信号を圧縮しない4:4:4入力にも対応しているので、色再現性も大幅に高まります。
また、新搭載のシネマプロモードでご覧いただくと、当社ブルーレイDIGAで「クロマアップコンバート」された映像信号(4:4:4)も豊かな色合いの映像でお楽しみいただけます。

4. 「音声操作」やカメラ内蔵による「顔認識」で、簡単・快適な操作性を実現

本製品に付属するマイク内蔵リモコンを通じて、テレビの音声操作が可能になりました。ネット検索やテレビの基本操作、番組検索も、キーワードを話しかけるだけで操作できます。マイク内蔵リモコンにはタッチパッドも装備しているため、カーソル移動やクリックなどの操作も簡単です。さらに、本製品に内蔵したカメラがユーザーの顔を認識し、それぞれの人が設定したホーム画面を表示しますので、良く使うアプリに素早くアクセスできます。

5. スマートフォンやタブレット端末との連携で多彩なテレビの楽しみ方ができる

スマートフォン用アプリ「Panasonic TV Remote 2(※3)」をインストールして本製品と連携すれば、スマートフォンと本製品とのコンテンツの共有、スマートフォンをリモコンとして使うなど、テレビをさらに多彩に楽しむことができます(※4)

  1. ※3:「Panasonic TV Remote 2」は、Android™スマートフォン版はGooglePlay™から、iPhone版はAppStoreからのダウンロードが可能です(対応OSは、Android:4.0〜、iOS:5.0.1〜)。
  2. ※4:一部のスマートフォンでは利用できない場合があります。本製品が接続されているホームネットワークに無線LAN接続する必要があります。

(1)動画、写真、音楽、Webサイトを本製品と共有する「スワイプ&シェア」を搭載

スマートフォンで撮影・保存した動画や写真、音楽やWebサイトを本製品に転送して大画面で楽しんだり、また本製品に保存したデータをスマートフォンへ転送できる「スワイプ&シェア」を新たに搭載しました。
たとえば写真や動画を本製品に保存しておけば、操作ひとつで簡単に友人のスマートフォンに転送、保存できます。
もちろん4K映像データの「スワイプ&シェア」も可能です。

*画像は説明のためのイメージです。

(2)気になるシーンも見逃さないスマートフォンへの放送転送

リビングで見ているドラマなどの放送番組や、本製品に接続したUSBハードディスクに録画した番組をスマートフォンに引き継いで視聴できます(※5)(※6)

  1. ※5:放送電波や無線LAN受信状況によっては、映像の再生が停止することがあります。
  2. ※6:動作確認済み機種
    ドコモケータイ:P-04D/P-05D/ELUGA V/ELUGA Live/ELUGA X/ELUGA P
    ソフトバンクケータイ:102P

(3)インターネットサービス「ディモーラ」「ミモーラ」に対応し、録画番組をより便利に楽しめる

パソコン、携帯電話、スマートフォンで外出先から本製品に接続されたUSBハードディスク(※7)へ遠隔録画予約ができる「ディモーラ」や、録画した番組の見たいシーンからの再生ができる「ミモーラ」に対応(※8)。録画機能をより便利に楽しめます。

  1. ※7:対応ハードディスクなど詳細については、当社HP(http://panasonic.jp/support/tv/connect/index.html)をご参照ください。
  2. ※8:【本体でのミモーラ機能のご利用について】

●シーン一覧および見どころ一覧からの再生、ミモーラ検索は、ディモーラ/ミモーラのプレミアム会員登録(月額利用料315円)が必要です。

●シーン情報は、地上デジタル放送のNHK総合テレビおよび民放キー局の番組に付与されます(NHK教育テレビは除く)。

●地域によってシーン情報が付与されない場合があります。詳しくは、https://me-mora.jp/dc/pc/DESC/AreaSceneList.html (パソコンサイト)でご確認ください。

●テレビをブロードバンド回線に接続する必要があります。

【ディモーラ/ミモーラのご利用について】

●どちらのサービスもご利用には、webサイトから「CLUB Panasonic」の会員登録(無料)が必要です。

●機種別サービス対応一覧をwebにてご覧いただけます。https://dimora.jp/dc/pc/DESC/ServicesByModel.html (パソコンサイト)

●プレミアム会員の解約申込みを行った月は課金対象となります。実際の解約は月末時点となります。また月中での解約申込みから、解約が完了する月末までは引き続きサービスのご利用が可能となります。

●プレミアム会員は月中の途中入会/退会でも料金の日割りはなく、定額315円になります。

●プレミアム会員の登録にはクレジットカード登録が必要になります。

●操作機器(携帯電話/スマートフォン/パソコン)の画面で録画番組などを再生することはできません。

●ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線ブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。

(4)その他の機能

ほかに、スマートフォンから本製品を操作する機能として、以下の機能があります。
●スマートフォンで選んだテレビのコンテンツを選択し、再生できる「リモートプレイ」
●スマートフォンでビエラのアプリを起動・操作できる「Appランチャー」
●音量調整やチャンネル切り換えの操作をスマートフォンで行う「リモートコントロール」
●スマートフォンの画面から本製品に文字入力する「キーボード」
●スマートフォンの画面を指で操作してマウスのように使う「パッドコントロール」
●ゲームアプリ(※9)のコントローラーとして使う「ゲームパッド」
●ビエラの色合いや明るさなどを細かく設定できる「スマートキャリブレーション」
●スマートフォンを使って音声による認識で検索やWebページの移動ができる「音声操作」

  1. ※9:ご利用には、インターネットの接続が必要な場合があります。FTTH(光)、ADSL、CATVなどのブロードバンド回線の実効速度3Mbps以上を推奨。HD映像は10Mbps以上を推奨(アクトビラ ビデオ・フルは12Mbps以上を推奨)。プロバイダーや回線事業者との契約・使用料は別途必要です。

5. 1枚ガラスとメタリックベゼルが浮遊感を演出する高品位デザインを実現

可能な限り画面だけのイメージに近づけたメタル狭額縁とメタルフレームペデスタルで浮遊感を演出。
まるで1枚の画面が宙に浮かんでいるような高品質デザインを実現しました。

6. 4K対応液晶テレビで省エネNO.1(※1)

視聴環境や使用状況に応じて自動的に本体や周辺機器を制御し、節電する当社独自の「エコナビ」などにより4K表示でありながら、251kWh/年を実現しました。

7. ハイブリッドキャスト対応

ハイブリッドキャスト(NHKが9月2日よりサービス開始)にも対応。放送と通信ネットワークを連携させることで、最新のニュースや気象情報など生活に役立つ情報の提供はもとより、放送中の番組に関連する情報の提供や、オンデマンドで動画を提供するサービスなども予定されています。
また、既に発売済みのVT60シリーズ、FT60シリーズにもソフトウェアダウンロードで順次対応を予定しています。

その他の特長

●SDメモリーカードスロットを搭載
SDメモリーカードに保存した写真や動画、音楽などを本製品で再生できます。もちろん4Kの高精細静止画や動画も4K画質で表示できます。

●DLNAサーバー機能を搭載
本製品に接続したUSBハードディスク(※7)に録画した番組、SDメモリーカードやUSBメモリーに保存された写真や動画などを本製品から別室のビエラなどに転送して、家中のいろいろな場所で楽しめます。

●ファイル共有機能を搭載
ネットワークに接続したパソコンから、写真や動画などのファイルを本製品に接続したUSBハードディスクやSDカードに簡単に保存できます。保存したファイルはメディアプレイヤーで再生できます。

●Skype™に対応
内蔵カメラを通じて、遠く離れた家族や友人とビデオ通話ができます。

●AudioEngine™を搭載し、高音質で自然な音を実現
周波数特性と位相の乱れを補正することにより、クリアで自然な音を実現しました。

●トリプルチューナー搭載で裏番組の録画に対応
チューナーを3基搭載。テレビ視聴中でも、別の番組をUSBハードディスク(※7)に2番組まで同時に録画することができます。見たい番組が重なったときにも、見逃さないように使えます。

●2画面表示に対応
同時に2つのチャンネルを並べて表示する「2画面で見る」モードと、右側に裏番組表とともに小さく裏番組を表示する「2画面で探す」モードがあり、お好みに応じて切り換えできます。

●ビエラリンク対応
HDMIケーブルのコントロール信号を活用し、リモコンでディーガやAVアンプの操作ができます。

●省エネ機能「エコナビ」搭載
視聴環境や使用状況に応じて自動的に本体や周辺機器を制御し、節電します。

  1. ※7:対応ハードディスクなど詳細については、当社HP(http://panasonic.jp/support/tv/connect/index.html)をご参照ください。

【需要動向】

<国内民生用 薄型テレビ総需要推移>

(千台:当社調べ)
  2009年度
(実績)
2010年度
(実績)
2011年度
(実績)
2012年度
(実績)
2013年度
(見込)
薄型テレビ 15,900 25,660 16,600 5,770 6,000

<主な別売オプション>

品名 品番 発売日 希望小売価格(税込)
3Dグラス(Sサイズ) TY-ER3D4SW 発売中 オープン価格
3Dグラス(Mサイズ) TY-ER3D4MW 発売中 オープン価格
壁掛け金具(角度可変型) TY-WK3L11R 発売中 16,800円
壁掛け補助金具 TY-WKAK426 発売中 4,200円

<主な仕様>

品名 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
品番 TH-L65WT600
サイズ(アスペクト比) 65V型(16:9)
質量 スタンドあり
(なし)
約 43.0 kg
(約 38.0 kg)
外形
寸法
スタンドあり 横幅×高さ*×奥行
146.8×96.0×42.5 cm
(*内蔵カメラ引き上げ時+2.5 cm)
スタンドなし 横幅×高さ*×奥行
146.8×86.3×5.3 cm(下部最大5.6 cm)
(*内蔵カメラ引き上げ時+2.5 cm)
使用電源 AC100 V(50/60 Hz)
定格消費電力
(待機時消費電力(※10)
263 W
(約0.1 W)
年間消費電力量(※11) 251 kWh/年
画面有効寸法 横幅×高さ×対角
142.8×80.4×163.9 cm
画素数 水平3,840×垂直2,160
スピーカー スコーカー×2個、ウーハー×1個
音声実用最大出力 総合18 W(4W+4W+10W)JEITA
受信可能放送 地上デジタル(CATVパススルー対応)(※12)
BSデジタル 110度CSデジタル 3チューナー
接続端子 ・地上デジタル入力端子、BS・110度CSデジタル-IF入力端子
・DisplayPort端子:1系統
・HDMI端子:4系統
(HDMI 1、HDMI 4端子はARC[オーディオリターンチャンネル]対応)
・D4端子:1系統(音声はビデオ入力と兼用)
・ビデオ入力:1系統
・光デジタル音声出力端子:1系統
・ヘッドホン/イヤホン端子:1系統
・LAN端子(10BASE-T/100BASE-TX):1系統
・SDメモリーカード挿入口:1系統(SDXCメモリーカード対応)
・USB端子:3系統(USB3端子のみスーパースピードUSB(USB3.0)対応
主な同梱物 据置きスタンド、メインリモコン、ビエラ タッチパッドリモコン、電池、電源コード、転倒・落下防止部品、取扱説明書、B-CASカード、クランパー、スパイラルチューブ、壁掛け補助金具取り付け用部品
  1. ※10:待機時消費電力はリモコン電源オフ時。
  2. ※11:2010年4月改正の「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に準拠し、1日4.5Hの動作時間/1日19.5Hの待機時間で算出した、1年間に使用する電力量。
  3. ※12:本製品ではワンセグ放送は受信できません。
  • Wi-Fi Protected SetupはWi-Fi Allianceの商標です。
  • Android™はGoogle Inc.の商標または登録商標です。iPhoneはApple Inc.の商標です。
  • Skypeの名称、これに関連する商標とロゴ、および「S」ロゴは、Skypeの商標です。
  • AudioEngine™はヤマハ株式会社の商標です。
  • DispayPortはVideo Electronics Standards Associationの米国またその他の国における登録商標です。
  • HDMI、HDMIロゴ、およびHigh-Definition Multimedia Interface は、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing LLC の商標または、登録商標です。
  • DLNA®, the DLNA Logo and DLNA CERTIFIED are trademarks, service marks, or certification marks of the Digital Living Network Alliance.
  • このリリースに記載されている各種名称、会社名、商品名などは、各社の登録商標または商標です。

以上

RSS