Panasonic Newsroom トッププレスリリースStrada SDカーナビステーション Rシリーズ2モデルを発売

プレスリリース

2013年9月2日

業界初※1「準天頂衛星みちびき※2」に対応、地図の視認性向上等、充実した基本性能

Strada SDカーナビステーション Rシリーズ2モデルを発売

フロントインフォディスプレイ※3に対応、安心・快適なドライブを実現

CN-R300D CN-R300WD
CN-R300D CN-R300WD
品名 7V型ワイドVGAモニター 2DIN AVシステム
地上デジタルTV/DVD/CD内蔵
SDカーナビステーション
品番 CN-R300D CN-R300WD
タイプ 180mm※4コンソール用 200mm※4ワイドコンソール用
希望小売価格 オープン価格
発売日 9月20日
月産台数 5,000台  8,000台

パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(代表者 山田 喜彦)は、SDカーナビステーション「ストラーダ」の新製品Rシリーズ2機種を9月20日に発売します。

近年の国内市販カーナビゲーション市場は、使いやすさや基本性能を重視するユーザーが増加する傾向にあります。また「安全」に対する関心も高まり、交通事故を回避する技術や機能を搭載した車両に人気が集まっています。

ストラーダR300シリーズは、使いやすさやドライブの安心・安全にこだわったメモリータイプのAV一体型カーナビゲーションです。地図上の文字の書体を見やすいフォントに変更して地図の視認性を向上させたり、業界で初めて※1、「準天頂衛星みちびき※2」に対応し、測位精度をアップさせる等、基本性能がさらに充実しました。また、ITSスポットサービス(DSRC)※5やフロントインフォディスプレイ※3に対応し、より安心・快適なドライブをサポートします。

当社は、車と人と情報をつなぐ便利で快適なカーライフを実現するために、今後カーナビゲーションやドライブの安全性を向上させる商品のラインアップを強化してまいります。

特長

1.業界初※1「準天頂衛星みちびき※2」に対応、地図の視認性向上等、さらに充実した基本性能
・業界初※1「準天頂衛星みちびき※2」に対応、自車位置をより高精度に測位。
・地図上の文字の書体をより見やすいフォントに変更、フルスクリーンマップと相まって地図の視認性アップ。
2.ITSスポットサービス(DSRC)※5やフロントインフォディスプレイ※3に対応
・ITSスポットサービス(DSRC)の広域な高速道路交通情報を活用し、渋滞回避ルートを自動で探索※5
・運転中に必要度の高い情報を、わずかな視線移動で確認できる「フロントインフォディスプレイ」と連携※3
3.スマートフォン連携にも対応、AV・エンタテインメント機能を強化
・目的地検索やエンタテインメント機能を強化する、スマートフォン専用アプリとの連携機能を搭載。
・ワイドVGA液晶ディスプレイ、LEDバックライト、クリアパネルを採用、テレビも高画質で楽しめる。
  1. ※12013年8月26日現在。国内市販ルート向けAV一体型カーナビゲーションとして。当社調べ。
  2. ※2日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、GPSを補助/補強する目的で実証実験を進めている衛星測位システムです。GPS衛星からの電波を受信しにくい、山間部やビル街でも、衛星からの電波を受信しやすい点が特徴です。本製品ではGPS衛星の補助として、現在地の測位に使用します。
  3. ※3CY-DF100D(オープン価格:2013年10月下旬発売予定)が必要です。R300シリーズと組み合わせて使用するにはナビゲーション本体のバージョンアップが必要です。取付可能車種の詳細な情報はホームページをご確認ください。http://panasonic.jp/car/navi
  4. ※4“200mm”“180mm”は車のコンソール内のナビゲーション取付け開口部の幅寸法です。
  5. ※5ITSスポットサービスを利用するには、DSRC車載器(CY-DSR110D)とDSRC車載器接続コード(CA-DC10D)が必要です。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
TEL:フリーダイヤル 0120-50-8729(受付時間 9:00〜18:30 365日)

特長

1. 業界初、「準天頂衛星みちびき」に対応、地図の視認性向上等、さらに充実した基本性能

※2013年8月26日現在。国内市販ルート向けAV一体型カーナビゲーションとして。当社調べ。

●「準天頂衛星みちびき」の電波を利用して、現在地をより正確に測位。
  • 市販AV一体型ナビとしては業界で初めて、「準天頂衛星みちびき」の電波を利用して現在地を測位します。GPSや3Dジャイロ、車速パルスの情報を組み合わせ、より正確な自車位置測位が可能になりました。
    準天頂衛星システムは、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、GPSを補助/補強する目的で実証実験を進めている衛星測位システムです。GPS衛星からの電波を受信しにくい、山間部やビル街でも、衛星からの電波を受信しやすい点が特徴です。本製品ではGPS衛星の補助として、現在地の測位に使用します。
※準天頂衛星システムは現在、実用化に向けた実証実験中のため、衛星からの電波を受信できる時間が限られ(1日のうち約8時間程度)、受信時間帯も変化するため、早朝や深夜のみの受信となる場合があります。また、衛星側の都合で精度が落ちたり、電波を利用できなくなることがあります。
●地図の文字フォントを変更し、視認性が向上。
  • 地図上の文字フォントを、従来の「ゴシック」から、より見やすく視認性に優れた「PUD」に変更しました。
  • 「PUD」とは、「視認性」「判読性」「可読性」「デザイン性」の4つの視点から考察し、当社とフォントメーカーの(株)イワタと共同開発した、ユニバーサルデザイン(UD)仕様の書体です。
現フォント(ゴシック) 新フォント(PUD)
●タッチパネルで主要な操作を簡単に行える「モーションコントロール」搭載。
  • 地図縮尺の変更やメニュー画面の操作等、使用頻度が高い操作をタッチパネルで簡単に行える「モーションコントロール」を採用。画面を注視することなく直感的な操作が可能です。
  • “ピンチイン”“2本指によるシングルタップ”の動作で広域地図を表示、“ピンチアウト”“1本指によるダブルタップ”の動作で詳細地図を表示することができます。また、メニューやリスト画面も“フリック”、“ドラッグ”で操作が可能です。

●画面の右側にナビ操作系ボタン、左側にオーディオ操作系ボタンをまとめた「ツートップメニュー」を採用。トップメニューに表示するボタンはカスタマイズできるので便利です。
ツートップメニュー画面 AVメニュー下段を
「FM」「交通情報」にカスタマイズ
●地図画面上に普段はできるだけ操作キーを表示させず、画面のほぼすべてに地図をすっきり表示できる「ランチャーメニュー機能」を採用。画面右下の「LAUNCHER」キーを押すと、使用頻度の高い操作キーを表示し、操作することができます。「LAUNCHER」キーを押すと表示する操作キーは、お好みでカスタマイズ可能です。
画面右下の「LAUNCHER」キーを押すと 「ランチャーメニュー」を表示

2. ITSスポットサービス(DSRC)やフロントインフォディスプレイに対応

●ITSスポットサービス(DSRC)の広域な高速道路交通情報を活用した、より最適なルート探索が可能。
  • ITSスポットサービス(DSRC)と連動し、リアルタイムに配信される広域な高速道路交通情報や安全運転支援情報を、音声や画像で案内します。その時必要な情報をタイムリーに得ることができるので、より快適で安心なドライブを実現します。DSRC車載器に搭載のETC機能に連動して、本製品から料金の音声案内や料金履歴表示も可能です。
  • 従来と比較して、広い範囲の道路交通情報を反映したルート探索が可能になりました。遠方の高速道路で発生した渋滞・規制の情報もリアルタイムに探索ルートへ反映し、ドライバーのストレスを軽減する、スムーズなドライブを実現します。
  • 渋滞回避ルートを再探索した際、新ルートと旧ルートを比較表示でき、到着時間の違いが一目でわかるので便利です。
新旧ルートを比較 渋滞データの使用範囲を設定
  • 高速道路上のITSスポットではドライブ中の注意喚起のため、渋滞末尾情報、前方静止画像情報等を案内。
渋滞末尾情報 前方静止画情報

※ITSスポットサービスを利用するには別売のDSRC車載器(CY-DSR110D)とDSRC車載器接続コード(CA-DC10D)が必要です。

※ITSスポットサービス(DSRC)の詳細は、国土交通省ホームページをご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/road/ITS/j-html/spot_dsrc/index.html

●運転中に必要度の高い情報を、わずかな視線移動で確認できる「フロントインフォディスプレイ」と連携。
  • フロントインフォディスプレイ(CY-DF100D)は、安全運転をサポートする、ストラーダRシリーズ用オプションです。ルート案内中、右左折する交差点や分岐するインターチェンジ等、ドライブ中に必要度の高い情報を、ダッシュボード上に設置したコンバイナを通じ、ドライバーから見やすい位置に表示します。これにより少ない視線移動量で情報を確認できるので、より運転に集中できます。
  • フロントインフォディスプレイ(CY-DF100D)取付可能車種:トヨタ アルファード、ヴェルファイア、プリウスα、アイシス、シエンタ、ポルテ、スペイド/ ホンダ:フィットハイブリッド / 日産:モコ / ダイハツ:ムーヴ コンテ(2013年8月29日現在)

※フロントインフォディスプレイをR300シリーズと組み合わせて使用するには、ナビゲーション本体のバージョンアップが必要です。

装着イメージ(トヨタ プリウスα) 利用イメージ(トヨタ アルファード)
※画面はハメコミ合成です。
フロントインフォディスプレイ表示イメージ(一般道) フロントインフォディスプレイ表示イメージ(高速道路)

3. スマートフォン連携にも対応、AV・エンタテインメント機能を強化

●スマートフォンにダウンロード無料の専用ランチャーアプリ「Drive P@ss」をインストールし、音楽再生や動画再生などスマートフォンのエンタテインメント機能を車内で楽しむことができます。
  • 「Drive P@ss」は、iPhone、Android™双方に対応、App Store、Google Playから無償でダウンロードできます。

※本製品とスマートフォンを接続するには別売の接続ケーブルが必要です。接続方法や対応電話機等の詳細な情報は当社ホームページ(http://panasonic.jp/navi/)をご確認ください。

●「Drive P@ss」から利用可能なアプリケーション(2013年8月現在)
  • 「Yahoo! ニュース」(Yahoo! ニュース閲覧アプリ)
  • 「Music Player for Drive P@ss」(スマートフォン端末内の音楽コンテンツを再生)
  • 「Title Finder」(Gracenoteデータベースによる、楽曲情報検索)
●「Drive P@ss」対応予定のアプリケーション(2013年秋)
  • 「Video Player for Drive P@ss」(スマートフォン端末内の動画コンテンツを再生:2013年9月公開予定(Android™用のみ))
  • 「FBconnect for Drive P@ss」(Facebookの閲覧・簡易投稿:2013年9月公開予定)
  • 「Let's Do-ga for Drive P@ss」(YouTube動画再生・検索:Android用は2013年9月、iPhone用は2013年11月公開予定)

※「Yahoo!」 および 「Yahoo!」 「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。

※Android™、Google Playは、Google Inc.の商標または登録商標です。

※App StoreはApple Inc.のサービスマークです。

※Gracenoteは米国グレースノート社の商標です。

※「Facebook」は、Facebook,INC.の商標または登録商標です。

※「YouTube」は、Google INC.の商標または登録商標です。

●最新グルメ・観光スポット等の検索が可能なスマートフォン専用アプリ「おでかけナビサポート ここいこ♪」に対応。
  • 「おでかけナビサポート ここいこ♪」から、「ぐるなび」、「るるぶDATA」、「Yahoo! JAPAN」の地点情報の検索が可能。グルメスポット、観光スポット、街の最新スポットなど、様々な施設をキーワードや住所、電話番号から検索できます。
  • 検索した地点情報はワイヤレスでナビ本体にダイレクト転送し、自動でルート探索します。また、Android版は事前に設定しておけば、車内にスマートフォンを持ち込んだだけで自動的にナビゲーションに転送します。
  • 「おでかけナビサポート ここいこ♪」は、iPhone、Android™双方に対応、App Store、Google playから無償でダウンロードできます。

※「ぐるなび」は、株式会社ぐるなびの登録商標です。

※「るるぶ」及び「るるぶDATA」 は、株式会社ジェイティービーの登録商標または商標で、株式会社JTBパブリッシングが同社より独占的使用権の許諾を得て利用しています。

※「Yahoo!」 および 「Yahoo!」 「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。

※Android™、Google Playは、Google Inc. の商標または登録商標です。

※App StoreはApple Inc.のサービスマークです。

●モニターは透過性の高い「クリアパネル」を使用した7V型ワイドVGA液晶モニターを搭載。「LEDバックライト」とあいまって地図も地デジもくっきりと鮮やかに表示します。
●CDリッピングやiPod連携等、AV機能も充実。
  • 音楽CDをSDメモリーカード(別売)に録音、再生できます。
  • ※本製品で録音した音楽データは、本製品でのみ再生可能です。
  • iPod/iPhoneに収録している音楽や、iPodビデオを本製品から操作しながら再生できます。また本製品に接続中は音楽やiPodビデオを再生しながらiPod/iPhone本体を充電できます。
  • ※iPod/iPhoneと接続するには、別売のiPod/USB接続用中継ケーブル(CA-LUB200D)が必要です。また、iPodビデオを再生するには、iPod用USB接続ケーブル(CA-LAP50D)が更に必要です。
  • ※iPodは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

4. その他の主な特長

●200mmと180mm、コンソールサイズにあわせて選べる2タイプをラインアップ。
CN-R300D(180mmコンソール用) CN-R300WD(200mmワイドコンソール用)
●HDMI端子を装備
  • HDMI端子を持つスマートフォンとの接続が可能となり、スマートフォンの動画・音楽コンテンツを車内で楽しむ等、カーナビの使い方が広がります。
●ナビゲーション用のデータベースは16GB。
  • 地図情報や各種検索用データベースを収録した16GB SDHCメモリーカード付属。
●年度更新地図データ最大3年分(2015年度版・2016年度版・2017年度版)付き。
  • WEBよりユーザー登録及びアンケートに回答すると、更新地図データを最大3年分ダウンロードできます。
●主要国産車にアダプターなしで接続可能な「学習型ステアリングスイッチ設定」機能搭載。
  • 車両の純正ステアリングスイッチでオーディオ機能を操作できる学習型ステアリングスイッチ設定を搭載。
    キー電圧学習型なのでオプション不要で多彩な車種に対応します。
●B-CASカードを使用せずに地上デジタル放送を視聴できる「新RMP方式」を採用。
  • ※新RMP方式とは地上デジタル放送の新しい権利保護専用方式です。詳細は下記サイトをご覧ください。http://www.trmp.or.jp/

主な定格

  CN-R300D CN-R300WD
電源 電源電圧 DC12 V(試験電圧 14.4 V) マイナスアース
消費電流 2.0 A以下 (AUDIO OFF時)
液晶ディスプレイ 画面寸法(幅×高さ×対角) 7 V型ワイド 157 mm × 82 mm × 177 mm
映像入力 RGB(ナビゲーション画面)
画素数 1 152 000画素(縦480 × 横800 × 3)
有効画素数 99.99 %
表示方式 透過型カラーフィルター方式
駆動方式 TFT(薄膜トランジスタ) アクティブマトリックス方式
使用光源 内部光(LED)
タッチパネル 抵抗感圧式アナログタイプ(フィルム+ガラス)
アンプ 定格出力 18 W × 4
最大出力 50 W × 4
適合スピーカーインピーダンス 4 Ω(4〜8 Ω 使用可能)
接続端子 ビデオ入力レベル 映像:NTSC方式 1.0 Vp-p(75 Ω 3.5φ4極ミニジャック)
音声:ステレオ 2.0 Vrms MAX(3.5φ4極ミニジャック)
カメラ入力レベル 映像:NTSC 1.0 Vp-p(75 Ω RCAピンジャック)
ビデオ出力レベル 映像:NTSC 1.0 Vp-p(75 Ω RCAピンジャック)
HDMI入力 HDMI端子:1系統(19ピンtypeA端子)
対応している映像信号:720 p、1080 i、480 p(16: 9, 4: 3)
Field Rate : 59.94 Hz、60 Hz
対応している音声信号:リニアPCM(最大2ch, サンプリング周波数 (32 kHz / 44.1 kHz / 48 kHz))
ナビゲーション
ユニット
外形寸法
(幅×高さ×奥行き)
178 mm× 100 mm × 183 mm
(取付奥行き寸法 165 mm)
205 mm× 104 mm × 176 mm
(取付奥行き寸法 161 mm)
質量 約 2.3 kg
動作温度 - 10 ℃ 〜 + 60 ℃
DVDプレーヤー 信号方式 Y=1.0 Vp-p Cb=Cr=0.7 Vp-p(内部)、NTSC方式、1.0 Vp-p(出力)
周波数特性 DVD 5 Hz〜22 kHz
CD 5 Hz〜20 kHz
信号対雑音比(SN比) 90 dB (IHF、A)
ワウ・フラッター 測定限界以下
MP3
デコーダー
ビットレート MPEG1 64 kbps〜320 kbps
MPEG2 64 kbps〜160 kbps
サンプリング
周波数
MPEG1 32 kHz、44.1 kHz、48 kHz
MPEG2 16 kHz、22.05 kHz、24 kHz
FMチューナー 受信周波数 76.0 MHz〜90.0 MHz
実用感度(SN比、30 dB) 19 dBf
SN比 60 dB
ステレオ分離度 35 dB
実用選択度(±400 kHz) 90 dB以上
AM
チューナー
受信周波数 522 kHz〜1 629 kHz
実用感度(SN比、20 dB) 29 dB/μV
イメージ妨害比 80 dB以上
地上デジタル
TVチューナー
受信可能放送 地上デジタル放送 (ワンセグ対応)
受信周波数 470 MHz 〜 710 MHz (13 ch 〜 52 ch)
入力信号レベル - 75 dBm 〜 - 20 dBm
入力インピーダンス 50 Ω
iPod/USB
中継ケーブル
接続端子
通信方式 USB
出力電圧 5 V 1 000 mA
Bluetooth® 通信周波数 2 402 MHz 〜 2 480 MHz
RF出力 - 4 dBm(0.4 mW)
通信方式 周波数ホッピングスペクトラム拡散
GPSアンテナ 形式 マイクロストリップ方式
コードの長さ 4 m
外形寸法(幅×高さ×奥行き) 26 mm × 14 mm × 30 mm
質量 約50 g(コード含む)
受信周波数 1 575.42 MHz(C/Aコード)
受信感度 - 155 dBm
受信方式 パラレル12チャンネル (最大追尾衛星数20基)
地上デジタル
アンテナ
コードの長さ 4 m
外形寸法(幅×高さ) 118 mm x 81mm
質量 約170 g(コード含む)
出力インピーダンス 50 Ω

製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。

主なオプション製品

品名 品番 希望小売価格
<税込・取付費別>
対応機種
DSRC車載器 CY-DSR110D オープン価格 全機種
DSRC車載器接続コード CA-DC10D 4,250 円 全機種
リヤビューカメラ CY-RC90KD オープン価格 全機種
フロントインフォディスプレイ CY-DF100D オープン価格 全機種
iPod用USB接続ケーブル(iPodビデオ対応) CA-LAP50D 3,675 円 全機種
iPod/USB接続用中継ケーブル CA-LUB200D 1,680円 全機種
HDMI接続用中継ケーブル CA-LND200D 2,940円 全機種
低反射シート CA-ZND060D 2,310円 全機種
VICSビーコンユニット CY-TBX55D 27,300 円 全機種
AV一体型ナビ用汎用ケーブルキット  CA-LUK110D 5,250円 CN-R300WD

RSS