Panasonic Newsroom トッププレスリリースソニーとパナソニックが業務用次世代光ディスク規格の共同開発で基本合意

プレスリリース

2013年7月29日

ソニー株式会社
パナソニック株式会社

ソニーとパナソニックが業務用次世代光ディスク規格の共同開発で基本合意

ソニー株式会社(以下、ソニー)とパナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、デジタルデータを長期保存するアーカイブ事業を拡大するため、業務用光ディスクの次世代規格を共同開発することで基本合意しました。両社は、それぞれが有する技術をベースに開発効率を高め、2015年内をめどに、1ディスクあたりの記録容量を300GB以上とする光ディスクの開発を目指します。
今後、両社は規格の仕様や開発項目などの協議を継続します。

光ディスクは、保存時に温度・湿度の変化の影響を受けにくく、防塵性及び耐水性などの対環境性に優れ、またフォーマット世代間の互換性が保証されているために将来にわたってもデータの読み出しが可能になるなど、コンテンツの長期保存に適しています。両社はこれまでブルーレイディスクフォーマットをベースにして光ディスクの強みを活かす商品開発に取り組んできましたが、今後拡大が期待されるアーカイブ市場に対応するには、将来にわたり、光ディスク1枚あたりの記録容量を上げることが必須であるとの考えが一致し、本合意に至りました。

ソニーは放送業務用機器XDCAMで培った光ディスク技術を元に、コンパクトなカートリッジに12枚の光ディスクを内蔵し、一つの大容量ストレージとしてファイルベースで扱う、オプティカルディスク・アーカイブシステムを2012年9月に製品化しました。メディアとなるカートリッジは1ディスク25GBで構成される300GBから、1.5TBまで揃えています。 http://www.sony.jp/oda/

パナソニックは本年7月に、光ディスクストレージ装置「LB-DM9シリーズ」を発売します。
100GBの光ディスク12枚を収納する薄さ20.8mmの専用マガジンを最大90本収納することで108TBの大容量化を実現しました。また、新開発のチェンジャーシステムとRAID技術の採用により、最大216MB/sの高速データ転送性能、及び不測の障害からのデータ保護による高信頼性を確保しました。 http://panasonic.biz/nwav/lb-dm9/

昨今、映画や放送等の映像制作業界に加え、ネットワークサービスの進展に伴うデータ容量の増大で、ビッグデータを扱うクラウドデータセンター等でもアーカイブのニーズが高まっています。
両社はブルーレイディスクフォーマットの技術開発で実績があり、次世代の大容量光ディスク規格も積極的に推進することで、貴重なデータを次世代に繋ぐソリューションの提案をしてまいります。

RSS