Panasonic Newsroom トッププレスリリース車内でバッテリー寿命がわかる「LifeWINK 車内モニター」発売

プレスリリース

2013年6月6日

スマートフォンの充電※1やスマートフォンアプリ※2にも対応

車内でバッテリー寿命がわかる「LifeWINK(ライフ・ウィンク) 車内モニター」発売

品名 LifeWINK車内モニター
品番 N-LWM/B1
メーカー希望小売価格 オープン価格
発売日 2013年7月1日

パナソニック ストレージバッテリー株式会社は、「LifeWINK(ライフ・ウィンク) ベースユニット(N-LW/P4)※3」と併用することで、車内にいながらカーバッテリーの寿命が確認できる、カーバッテリー寿命判定ユニット「LifeWINK 車内モニター」を7月1日より発売します。専用アプリによるスマートフォンでの高精度診断結果表示やスマートフォンの充電にも対応できる商品となっています。

カーバッテリーは、寿命末期まで高い性能を維持しますが、寿命が近づく使用3年目以降、「バッテリーあがり」を起こす可能性が高くなります。また、車内電装機器による過放電や車両側(充電系)の異常による電力供給不足などにより、「バッテリーあがり」を起こすこともあります。これらのトラブルを予防するためには、正確なバッテリー診断と適正な時期でのバッテリー交換が重要です。パナソニックでは、一般ユーザー向けの商品として、2006年からカーバッテリー寿命判定ユニット「LifeWINK ベースユニット」を発売しています。バッテリーに「LifeWINK ベースユニット」を装着することで、バッテリー状態の常時検知、また高精度な寿命判定ができ、寿命末期までバッテリーを使用することが可能となります。これにより、不要なバッテリー交換を防ぐことができ、環境面だけでなく経済面でのメリットにもつながります。

「LifeWINK ベースユニット」は、カーバッテリー取付時(新品時)のエンジン始動電圧を記憶し、それを基準として劣化を判定します。カーバッテリー本体上部に装着するため、従来はボンネットを開けて、「LifeWINK ベースユニット」のLED表示でバッテリー状況を確認する必要がありました。2012年10月から発売している「LifeWINKベースユニット(N-LW/P4)」を併用し、「LifeWINK車内モニター」をアクセサリーソケットに差し込むだけで、車内にいながらバッテリー状況を確認することができるようになり、より利便性が高まります。

【特長】

  1. アクセサリーソケットに差しこむだけで、車内でバッテリーの寿命状況がわかる
    (「LifeWINK ベースユニット(N-LW/P4)」併用時)
  2. 専用アプリで、スマートフォンでもバッテリーの高精度診断結果がわかる
  3. スマートフォンの充電が可能
  1. ※1Android、iPhoneに対応。
  2. ※2Android用アプリ:7月公開予定、iPhone用アプリ:開発中。
  3. ※3「LifeWINK 車内モニター」の使用には、別売りの「LifeWINKベースユニット(N-LW/P4)」が必要です。

【特長】

1. アクセサリーソケットに差すだけで、車内でバッテリーの寿命状況がわかる

バッテリーに「LifeWINKベースユニット(N-LW/P4)」を装着した状態で「LifeWINK 車内モニター」をアクセサリーソケットに差し込み、エンジンを始動すると「LifeWINKベースユニット(N-LW/P4)」から車両の12V配線を経由して「LifeWINK 車内モニター」にデータが自動で転送されます。「Life WINK 車内モニター」のLED点灯状況で、車内にいながらバッテリー状況を確認できます。


「LifeWINK ベースユニット(N-LW/P4)」(左)、「LifeWINK車内モニター」(右)

<「LifeWINK車内モニター」での表示内容>

(1)カーバッテリー高精度寿命判定結果を表示
「LifeWINKベースユニット(N-LW/P4)」で表示されているエンジン始動性能を、3段階のLED表示でお知らせします。
カーバッテリー高精度寿命判定: カーバッテリー取付時(新品時)のエンジン始動電圧を記憶し、それを基準に常時劣化状況を判定する機能です。

(2)車両異常判定を表示
「LifeWINKベースユニット(N-LW/P4)」の「車両点検LED」が点滅している場合、「LifeWINK車内モニター」最下段の赤色LEDが点灯します。
車両異常判定: カーバッテリーの寿命ではなく、車両側(充電系)に異常の可能性がある場合に「LifeWINKベースユニット(N-LW/P4)」の「車両点検LED」の点灯により、お知らせします。

(3)充電不足判定を表示
「LifeWINKベースユニット(N-LW/P4)」の「充電不足LED」が点滅している場合、「LifeWINK車内モニター」最下段の赤色LEDが点滅します。
充電不足判定:ヘッドライトの消し忘れなどによる単なる放電時(再度充電し使える状態)には、「LifeWINKベースユニット(N-LW/P4)」の「充電不足LED」が点灯します。これらの判定により不要なバッテリー交換を防止し、安心かつ経済的に寿命末期までご使用いただけます。

2. 専用アプリで、スマートフォンでもバッテリーの高精度診断結果がわかる

「LifeWINK車内モニター」とスマートフォンをUSBケーブル※4で接続して専用アプリ(無料)を立ち上げると、「LifeWINK ベースユニット(N-LW/P4)」の高精度バッテリー診断結果をスマートフォンでさらに詳しく確認できます。「LifeWINKベースユニット(N-LW/P4)」に記録されている平均運転時間やエンジン始動回数、取付後からの劣化状況データ等をベースに、より詳しい劣化状況の表示やユーザーの乗り方アドバイスなどを表示します。

  1. ※4USBケーブルは付属しておりません。各スマートフォンに対応したUSBケーブルを別途ご用意ください。

3. 「LifeWINK車内モニター」で、スマートフォンの充電が可能

「LifeWINK車内モニター」に、USBケーブル※4で接続することで、スマートフォンの充電が可能です。AndroidおよびiPhoneに対応しています。

  1. ※4USBケーブルは付属しておりません。各スマートフォンに対応したUSBケーブルを別途ご用意ください。

【仕様】

・「LifeWINK 車内モニター」

品名 LifeWINK車内モニター
品番 N-LWM/B1
質量 約30g
サイズ 約30×約30×約93.5mm(端子除く)

・「LifeWINK ベースユニット」

品名 LifeWINKベースユニット
品番 N-LW/P4
質量 約20g(リード線、両面テープ含む)
サイズ 約46×約38×約11mm(リード線、両面テープ除く)
<カーバッテリー商品情報> ※新製品に関するホームページ掲載は7月1日以降を予定しています
http://panasonic.jp/car/battery/


「LifeWINK ベースユニット(N-LW/P4)」(左)、「LifeWINK車内モニター」(右)

RSS