プレスリリース

2013年5月24日

業界初※1 3光色の明るさを統一

LED電球 新「全方向タイプ」を発売

蛍光灯と同様、シンプルなラインアップに

60形電球色 60形電球色 60形昼白色
LED電球 新「全方向タイプ」
種別 口金 品番 光色 希望小売価格
(税込)
発売日 月産台数
一般電球
タイプ
E26 LDA7L-G/Z40/W 電球色相当 オープン
価格
6月21日 約20万個
LDA7N-G/Z40/W 昼白色相当
LDA7D-G/Z40/W 昼光色相当
LDA10L-G/Z60/W 電球色相当
LDA10N-G/Z60/W 昼白色相当
LDA10D-G/Z60/W 昼光色相当

パナソニック株式会社は、これまで光色により異なっていた明るさ(ルーメン)をすべて統一し、LED電球購入初心者でも、選びやすいラインアップを実現したLED電球 新「全方向タイプ」6機種を6月21日より発売します。

昨今、省エネ意識の高まりや厳しい電力需給を背景に、省エネ性能に優れ手軽に交換できるLED電球が注目されています。 その普及数は、2012年度末に業界全体で約6000万個※2に達し、白熱電球からLED電球への置き換え率は、約2割※3まで進行したと推定しています。市場の拡大に伴い、種類や機能も増えた結果、市場の一部からは「白熱電球からLED電球に買い替える際、わかりにくく選びにくい」などの声も目立ちはじめ、さらなる普及の課題となっています。

本製品は、主力のE26口金タイプにおいて、従来は光色により異なっていた明るさ(ルーメン)について、本体のLEDモジュール設計を見直すことにより、3光色(電球色相当、昼白色相当、昼光色相当)とも同じ明るさ(ルーメン)に揃え、選びやすくしました。同時に家の外回りの照明器具にも対応※4させ、用途拡大を図りました。

当社は本製品により、白熱電球からのさらなる置き換えを推進してまいります。

【特長】

  1. 業界初※1 3光色(電球色相当・昼白色相当・昼光色相当)の明るさを統一
    ・3光色ともに白熱電球と同じ明るさ(60形相当は810ルーメン、40形相当は485ルーメン)に統一
  2. 新開発の樹脂カバー構造で、家の外回りの照明器具にも対応※4
  3. 光拡散リングの採用により、光の広がり約300度
  1. ※12013年5月24日現在 同一品種における明るさにおいて
  2. ※2一般社団法人日本照明工業会調べ
  3. ※3当社調べ(口金推定ストックを3億とした場合)
  4. ※4次の条件を満たす場合に家の外回りの照明器具での使用が可能。(1)防湿・防雨型の密閉型器具で使用すること (2)ランプ周囲温度が0℃〜40℃の範囲で、点灯時に器具に直射日光があたらない場所で使用すること (3)屋内配線に接続された器具(宅内のブレーカーに接続された器具)で使用すること

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時〜20時)
ホームページURL:http://panasonic.jp/lamp/

【特長】

1. 業界初※1 3光色(電球色相当・昼白色相当・昼光色相当)の明るさを統一

・3光色ともに白熱電球と同じ明るさ(60形相当は810ルーメン 40形相当は485ルーメン)に統一

当社調べでは、LED電球購入者の約3割は購入後に不満を抱えています。その中の最も多い原因は「明るさ」に関するもので、約7割を占めます。(2013年5月 N=1040)
これは、LEDモジュールの特性として光色により発光効率が異なるため、同じ消費電力の仕様でも、光色により明るさが異なってしまうことから、結果的に購入後の不満や、購入時の躊躇に繋がっていました。
本製品では、各光色ごとのモジュール設計を変えることで、従来※5では光色により異なっていた明るさを揃え、60形と40形相当における全ての光色で同じ明るさ、同じ消費電力を実現しました。

【LED電球 購入者調査】 
■LED電球を購入して、不満に感じたことがありますか? N=1040 
■LED電球を購入して、何に不満を感じましたか? 
 1位. 明るさが異なる(64%…198人)
 2位. 照明器具に適合しない(18%…56人)
 3位. 口金に合わない(17%…55人)
 (複数回答) 

■LED電球を購入する際、迷ったり、困ったことは何ですか? N=1040
 1位. 明るさの判断(71%…741人)
 2位. 価格(70%…738人)
 3位. 照明器具適合の判断(59%…608人)
 (複数回答)【消費電力と明るさの関係】 
■従来 全方向タイプの仕様 
消費電力:11.0W
【電球色相当】50形相当≠(640lm) 
【昼光色相当】60形相当≠(810lm) 

モジュール設計技術 
・LEDの配列等を適正化 

回路設計技術 
・モジュールを適切に駆動 同じ消費電力を実現 

■新製品 全方向タイプの仕様 
消費電力:10.0W

【電球色相当】60形相当(810lm)=
【昼白色相当】60形相当(810lm)=
【昼光色相当】60形相当(810lm) 

【商品ラインアップの比較】 
■従来※5 全方向タイプのラインアップ ⇒
■新・全方向タイプのラインアップ

2. 新開発の樹脂カバー構造で、家の外回りの照明器具にも対応※4

【ランプ筐体の構造について】

本製品は独自開発した絶縁構造により、家の外回りで使用される防湿・防雨器具にも対応※4させました。
ランプの筐体には、従来品※5と同様に放熱性に優れるアルミを採用しながら、さらに絶縁性能を向上させるため外側に新開発の樹脂カバーを採用しました。熱膨張率の異なるアルミと樹脂を組み合わせるヒートシンク設計技術により、放熱性能と絶縁性能を両立しました。
これにより、従来※5では使用できなかった、門柱灯やポーチライトなど、家の外回りの照明器具※4にも使用できるようになりました。

  1. ※5全方向タイプ60形 昼光色相当LDA11D-G、電球色相当LDA11L-G
    全方向タイプ40形 昼光色相当LDA7D-G、電球色相当LDA7L-G

3. 光拡散リングの採用により、光の広がり約300度

本製品は、白熱電球とほぼ同じ配光角 (光の広がり)を実現するために、「円周上にLEDパッケージを配置し、2段構造の透明な光拡散リングにより光を広範囲かつ均一に広げる光学設計技術」を採用しています。透明な光拡散リングは、当社独自の光学シミュレーション技術と構造設計技術により形状や角度を適正化しており、光を反射するだけでなく透過させることが出来るため、LEDパッケージから出た光がリング内を通過する際に細かく拡散され、広い範囲に均一な光が広がる効果をもたらしています。さらに拡散性の高い大型のグローブ(発光面)と組み合わせることで、口金方向にも効果的に光りを出すことができ、白熱電球とほぼ同じ配光角 (光の広がり)約300度で全方向に明るいLED電球を実現しています。

【需要動向】

年度 2011年度 2012年度 2013年度(見通し)
LED電球 総需要 2550万個 2300万個 2450万個
(当社調べ)

【仕様一覧】

種別 品番 光色
色温度(K)
寸法(mm) 質量
(g)
口金 周波数
(Hz)
定格
電圧
(V)
定格
入力電流
(A)
定格
消費電力
(W)
全光束
(lm)
定格
寿命
(h)
外径 長さ
一般電球
タイプ
LDA7L-G/Z40/W 2700 60 114 120 E26 50/60共用 100 0.110 6.6 485 4万
LDA7N-G/Z40/W 5000 60 114 120 E26 50/60共用 100 0.110 6.6 485 4万
LDA7D-G/Z40/W 6700 60 114 120 E26 50/60共用 100 0.110 6.6 485 4万
LDA10L-G/Z60/W 2700 60 114 120 E26 50/60共用 100 0.166 10.0 810 4万
LDA10N-G/Z60/W 5000 60 114 120 E26 50/60共用 100 0.166 10.0 810 4万
LDA10D-G/Z60/W 6700 60 114 120 E26 50/60共用 100 0.166 10.0 810 4万