Panasonic Newsroom トッププレスリリースCEATEC JAPAN 2012 パナソニックブースの展示概要とみどころ

プレスリリース

2012年9月27日

CEATEC JAPAN 2012 パナソニックブースの展示概要とみどころ

パナソニック株式会社は、10月2日(火)から6日(土)まで幕張メッセ(千葉県千葉市)にて開催される最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2012」にパナソニックブース(ライフ&ソサエティステージ)およびパナソニックデバイスブース(キーテクノロジーステージ)を出展します。

1.パナソニックブース (ライフ&ソサエティステージ) *ホール2
「つながることで実現する 『エコ&スマートなくらし』」を出展テーマに、スマートAV, スマートアプライアンス、スマートエナジーによる 簡単・便利、安心・安全、楽しくて快適、それでいてエコなくらしをご紹介いたします。
パナソニックブースの主な展示内容は以下の通りです。

<主な出展内容>
■コーポレートステージ
機器同士をつなげ、機器とクラウドをつなげることで新しい価値を生み出す「スマート家電」。パナソニックは、他社に先駆けて「スマート家電」を幅広い商品群として展開してまいります。
・クラウド上の様々なコンテンツやゲーム、豊富なアプリケーションで、エンターテイメントに加え、多様なコミュニケーションを可能にする「スマートAV」
・買った後でも進化する生活家電で毎日のくらしをより豊かにする「スマートアプライアンス」
・快適さを維持しながら節電ができ、非常時にも備える「スマートエナジー」
をわかりやすく紹介します。

■「エコ&スマートなくらし」体感ツアー
つながることで実現するベネフィットを、具体的な生活シーンを使った実演・解説により体感いただけます。

■展示コーナー
・スマートAV:スマートフォンやAV機器との連携で更なる使いやすさの向上を実現したスマートビエラ、スマートディーガなど、ネットワーク機能を強化した最新のデジタルAVC商品を紹介します。
・スマートアプライアンス:スマートフォンを介しクラウドとつながることで、簡単でスピーディーなレシピ検索や調理を可能にし、新しいクッキングの楽しさが拡がる商品から、日々の健康管理が簡単に行える健康機器まで、幅広い商品群を展示とアプリケーション体験を通じて紹介します。
・スマートエナジー:快適なくらしをつづけながら節電を実現する「AiSEG」を核とした「スマートHEMS」を、連携する家電機器(エアコン、IHクッキングヒーター、エコキュート)や創蓄連携システムとともに紹介します。

■特別展示/トピックス展示
パナソニックの高精細ディスプレイ技術を実感できる145型8KPDP、20型4KLCDの展示や、『Fujisawaサスティナブル・スマートタウン』を紹介します。
その他、電子黒板 「インタラクティブ・プラズマディスプレイ」、ルミックス、レッツノートも出展します。

2.パナソニックデバイスブース (キーテクノロジーステージ) *ホール8
「この地球(ほし)の、未来を築く先進デバイス」 を出展テーマに、環境インフラ・エコカー・モバイルの3重点分野を基軸に、先進デバイスやお客様にお役に立つソリューションを幅広く紹介・提案します。

<主な出展内容>
■環境インフラ:電力メーター、LED照明、太陽光/パワコン用 デバイス
■エコカー:パワートレイン、運転支援HMI用 デバイス
■モバイル:小型・薄型デバイス、センサ/UI用 デバイス

デバイスブースの詳細は、http://www3.panasonic.biz/ac/j/whatsnew/2012/8/30/ をご覧ください。

なお、出展内容等は一部変更になる場合もあります。予めご了承ください。

RSS