プレスリリース

2012年9月26日

最新OS Windows 8 を搭載

モバイルノートパソコン Let'snote 法人向け秋冬モデル発売

ノートPCとタブレットの一台二役。頑丈なハイブリッド・モバイル AX2 シリーズ登場

Let'snote AX2シリーズ

品名 ノートパソコン
愛称 Let'snote(レッツノート)
シリーズ AX2シリーズ
本体希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 10月26日より順次発売
生産台数 38万台(シリーズ全体として)
*予約・受注開始は10月下旬予定。

パナソニック株式会社は、モバイルの本質を追求した「軽量」「長時間駆動」「頑丈(タフ)」「高性能」を進化させたモバイルノートパソコン「レッツノート」の2012年秋冬モデル「AX2」を10月26日より順次発売します。

新シリーズ「AX2」は、レッツノート初のウルトラブック(一部機種を除く)として、ノートPCとタブレットの一台二役として使える新シリーズです。ドコモの超高速通信「Xi」(クロッシィ)対応ワイヤレスWAN内蔵モデル、Windows7ダウングレードサービス済みモデル、4年間無償保証など、トータルコスト削減・業務の生産性向上に貢献する充実のラインアップです。

主な特長

  1. 1. ノートPCでもタブレットとしても使えるハイブリット・モバイル 「AX2」シリーズ登場
    • 新OS搭載モデルだけでなく、搭載OSを選択することが可能
      Windows 8 Pro 64ビット(Windows 7 ダウングレード権含む)モデル
      Windows 7 Professional 64ビット(SP1適用済み)プレインストール済みモデル(Windows 8 Proダウングレード権行使) ※1
      Windows 7 Professional 32ビット(SP1適用済み)モデル
    • 省電力に優れた第3世代超低電圧*版 CPU搭載*既存のインテル低電圧版に比べて、更に電圧レベルを低下。
      インテル® Core™ i5-3427U vPro™ プロセッサー 1.80GHz(ターボ・ブースト2.0利用時は最大2.8GHz)
    • 液晶:11.6型 HD(1366×768ドット) ・静電マルチタッチスクリーン(10フィンガー対応)搭載
    • 世界最軽量*のコンパクト薄型ボディ 質量※2:約1.14kg *11.6型液晶搭載コンバーチブルPCにおいて。(2012年9月26日現在)
      ・SSD:容量128GB ・駆動時間:約9.5時間※3 ・無償保証:4年間無償保証
  2. 2. ウルトラブック初*「ホットスワップ機能」を搭載 *ウルトラブックとして。(2012年9月26日現在)
    電源を切らずにバッテリー交換ができる「ホットスワップ機能」を搭載。
    オプションのバッテリーパックとバッテリーチャージャーを活用することで複数のバッテリーパックを入れ替えて使えばさらに長時間使い続けられます。
  3. 3. 約18mmの「薄型化」と落下・圧迫に強い「頑丈性能」を同時実現
    故障率が他社PCに比べ約6分の1**のレッツノートの頑丈性能と薄型化を両立。
    本体外形寸法:幅約288 mm×奥行約194 mm×高さ約18 mm (突起部除く)※タブレット状態の高さは約19mm
    76cm落下試験(底面・動作時)、100kgf加圧振動試験 (非動作時)、30cm自由落下試験(非動作時)、局部加圧試験(非動作時)、ヒンジ耐久試験、キーボード打鍵試験を実施。
  1. ※1お買い上げ時にインストールされているOSと、リカバリー機能を使ってインストールするOSを両方同時に使用することはできません。どちらかのOSをインストールしてご使用ください。
  2. ※2平均値。各製品で質量が異なる場合があります。
  3. ※3JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver.1.0)による駆動時間。バッテリー駆動時間は動作環境・液晶の輝度・システム設定により変動します。
★本製品の耐衝撃・耐圧迫性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。当社技術試験室にて頑丈試験(タブレットスタイル時を除く)を実施。
★製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。

【お問い合わせ先】

パナソニックパソコンお客様ご相談センター
TEL:0120-873029 9:00〜20:00 365日受付
[ホームページURL]http://panasonic.biz/pc/

【発売の背景】

レッツノートシリーズは、1996年の発売以来「軽量」「長時間駆動」「頑丈(タフ)」「高性能」というコンセプトのもと開発・進化を続けお客様から高い評価をいただいています。この度、急拡大するタブレット市場に対応するため、頑丈さはそのままに薄型化を実現しレッツノートで初めてのウルトラブックとして、ノートPCにもタブレットにもなる ハイブリッド・モバイル「AXシリーズ」を導入します。IDC Japanの調査によると、モバイル環境への投資が企業業績を押し上げているという結果がでており**、高品質なビジネスモバイル レッツノートで、今後もビジネスの生産性向上に貢献します。

【国内需要動向】

年度/1月〜12月ベース 出典:IDC Worldwide Quarterly PC Tracker, Q2 2012
年度 08年度 09年度 10年度 11年度  12年度(予測)
パソコン全体 1452 万台 1392 万台 1630 万台  1566 万台  1629 万台
  ノートパソコン★1 863 万台 865 万台 995 万台 982 万台 1036 万台
  スモールポータブル★2 176 万台 244 万台 188 万台 162 万台 157 万台
★1:IDC定義によるポータブル ★2:IDC定義によるスモールポータブル 無断転載を禁止します。

【主な仕様】詳細は、ホームページ http://panasonic.biz/pc/

液晶:11.6型 HD(1366×768ドット) ・静電マルチタッチスクリーン搭載(10フィンガー対応)
SSD:128GB  RAM:4GB  保証:4年間無償保証(オンサイトまたは引取り保守)

品番 OS CPU 質量※1 駆動時間※2
CF-AX2LDCTS Windows 8 Pro インテル® Core™ i5-3427U vPro™ プロセッサー 約1.14kg 約9.5時間
CF-AX2LDCCS Windows 8 Pro
Windows 7 Professional 64ビット(SP1適用済み)プレインストール済みモデル(Windows 8 Proダウングレード権行使) ※1
CF-AX2LVCCS
WWAN搭載
約1.155kg
CF-AX2PDBCS*◆ インテル® Core™ i3-3217U プロセッサー 約1.14kg
CF-AX2LDCYS Windows 7 Professional 32ビット インテル® Core™ i5-3427U vPro™ プロセッサー
CF-AX2PDBYS*◆ インテル® Core™ i3-3217U プロセッサー
* ウルトラブックではありません
◆インテル® Core™ i3プロセッサー搭載モデルは、官公庁、自治体、教育機関、SOHO、個人事業者様向けです。

【特長】

1.ノートPCでもタブレットとしても使えるハイブリット・モバイル 「AX2」シリーズ登場

最新OS搭載モデルだけでなく、搭載OSを選択することができます。
Windows 8 Pro 64ビット(Windows 7 ダウングレード権含む)
Windows 7 Professional 64ビット(SP1適用済み)プレインストール済みモデル(Windows 8 Proダウングレード権行使)※1
Windows 7 Professional 32ビット(SP1適用済み)

省電力に優れた第3世代超低電圧*版 CPU、高速SSD搭載でモバイルでも快適に作業ができます。
*既存のインテル低電圧版に比べて、更に電圧レベルを低下。
インテル® Core™ i5-3427U vPro™ プロセッサー 1.80GHz(ターボ・ブースト2.0利用時は最大2.8GHz)
液晶:11.6型 HD(1366×768ドット)・静電方式マルチタッチスクリーン(10フィンガー対応)搭載
世界最軽量*のコンパクト薄型ボディ 質量※2:約1.14kg
*11.6型液晶搭載コンバーチブルPCにおいて。(2012年9月26日現在)
ストレージ:容量128GBのSSD搭載 駆動時間:約9.5時間※3 無償保証:4年間無償保証

2.ウルトラブック初*「ホットスワップ機能」を搭載 *ウルトラブックとして。(2012年9月26日現在)

バッテリー残量が少なくなったら、PCを起動させたままバッテリーパックを入れ替え可能。オプションのバッテリーパックとバッテリーチャージャーを活用することで複数のバッテリーパックを入れ替えて使えばさらに長時間使い続けられます。

3.約18mmの「薄型化」と落下・圧迫に強い「頑丈性能」を同時実現

故障率が他社PCに比べ約6分の1**のレッツノートの頑丈性能と薄型化を両立。
本体外形寸法:幅約288 mm×奥行約194 mm×高さ約18 mm (突起部除く)※タブレット状態の高さは約19mm
76cm落下試験(底面・動作時)、100kgf加圧振動試験 (非動作時)、30cm自由落下試験(非動作時)、局部加圧試験(非動作時)、ヒンジ耐久試験、キーボード打鍵試験を当社技術実験室にて実施。

4.その他

各種インターフェース搭載
LANコネクター、HDMI出力端子、外部ディスプレイコネクター、USB3.0ポート×2、SDメモリーカードスロットなど、全て標準サイズのコネクターを搭載。

新規開発アイソレートキーボードを搭載
タブレット状態でもキートップはずれを防止するアイソレートキーボードを新規開発。また誤入力の少ないリーフ形状のキートップを採用。

タブレットを操作しやすい機能と独自のユーティリティ
「ホールド(HOLD)ボタン」
キーボード・ホイールパットの入力をオン/オフを自動と手動で切り替えが可能にし、誤操作を防止
「Camera for Panasonic PC」
独自のカメラユーティリティ
「スマートアーチ」
パソコンで編集したデータをスマートフォンで閲覧・編集が可能
「スマートフォン充電ユーティリティ」
電源オフのパソコンからスマートフォンの充電可能

  1. ※1お買い上げ時にインストールされているOSと、リカバリー機能を使ってインストールするOSを両方同時に使用することはできません。どちらかのOSをインストールしてご使用ください。
  2. ※2平均値。各製品で質量が異なる場合があります。
  3. ※3JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver.1.0)による駆動時間。バッテリー駆動時間は動作環境・液晶の輝度・システム設定により変動します。
★本製品の耐衝撃・耐圧迫性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。当社技術試験室にて頑丈試験(タブレットスタイル時を除く)を実施。
★製品の定格およびデザインは改善等のため予告なく変更する場合があります。
(商標について)
●Microsoft、Windowsは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。●Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。●Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel vPro、vPro Inside、Intel Core、Core Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。●「Xi」(クロッシィ)、「Xi」ロゴ、「FOMA」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。●その他の製品名は一般に各社の商標または登録商標です。

**<参考>
IDC Japan調査結果:
出展:「モバイル環境下で生産性を確保するためにノートPC に求められる性能とは」 IDC Japan, September 2012

IT を投資として考える企業は、会社業績が良い傾向にあり、生産性を確保するためにノートPC を社内、社外で積極的に活用していることがわかった。
ノートPC をモバイル環境下でも利用することが、業績を上げている1つの要因とも考えられる。
こうした企業は、従業員の生産性を確保するため、故障率の低いPC を選択することが重要と考えていることが分かった。
また、パナソニックのPCが他社に比較し、6分の1の故障率であることがわかった。