プレスリリース

2012年9月24日

ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド車に加え、電気自動車向け

トヨタ自動車に環境対応車用リチウムイオン電池を供給

パナソニックグループ エナジー社は、トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ自動車)の電気自動車(以下、EV)「eQ」向けにリチウムイオン電池を供給します。

パナソニックでは、地球環境保護への意識の高まりや原油高騰を背景に、今後急速に拡大することが予測される環境対応車用二次電池の開発ならびに事業を強化しています。既に、グローバルで複数の自動車メーカーにハイブリッド自動車用ニッケル水素電池、および、ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド車(以下、PHV)、EV用リチウムイオン電池の供給実績があります。

トヨタ自動車には、「プリウスα」および「プリウスPHV」向けにリチウムイオン電池を納入しています。今回の「eQ」への電池供給により、トヨタ自動車のハイブリッド自動車、PHVに加え、EVにもリチウムイオン電池を搭載いただくことになります。

パナソニックでは、今後も更なる高性能電池の開発・商品化を加速し、グローバルでの環境対応車用電池事業の拡大に取り組んでまいります。

「eQ」については、本日トヨタ自動車からプレスリリースされています。

トヨタ自動車 「eQ」 EV/PHV用(左)、
ハイブリッド自動車用(右)リチウムイオン電池