Panasonic Newsroom トッププレスリリースICレコーダー RR-XS700、RR-XS500、RR-XS450、RR-XS350を発売

プレスリリース

2012年8月29日

狙った音声を逃がさない「ズーム録音」

ICレコーダー RR-XS700、RR-XS500、RR-XS450、RR-XS350を発売

会議など特定方向の音声もしっかり聴ける「フォーカス再生」(XS700/XS500/XS450)

RR-XS700、RR-XS500、RR-XS450、RR-XS350

品名 ICレコーダー
品番 RR-XS700 RR-XS500 RR-XS450 RR-XS350
カラー -K(ブラック) -T(センシャルブラウン) -K(ブラック)
-W(パールホワイト)
-R(ファインレッド)
-S(シルバー)
-P(パッションピンク)
-A(ブルー)
希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 9月14日 9月14日 9月14日 9月14日
月産台数 3,000台 2,000台 8,000台 10,000台

AVCマーケティング ジャパン本部は、「ズーム録音」機能搭載で狙った音声を逃さず録音できるICレコーダー RR-XS700、RR-XS500、RR-XS450、RR-XS350を9月14日より発売します。

近年ICレコーダーは、会議などのビジネスユースのみならず、おけいこや語学学習など様々なシーンで活用したいというお客様が増えてきています。
本製品は、前方正面の集音性に優れ、セミナーや講義などに便利な「ズーム録音」機能を搭載。
更に、XS700は可動式ズームマイク採用により、前方の音をよりクリアに録音できます。
また、XS700/XS500/XS450は、「フォーカス再生」により、聴きたい方向の音声を強調することができます。更に4機種ともに、業界で初めて※1「シャドーイング再生」機能を搭載。語学の学習時など、お手本にならって繰り返しレッスンできる機能として、便利にご活用いただけます。

当社は、本製品をビジネスユーザーやアクティブなユーザーに向け、新たな録音の楽しみ方を提案する商品として市場導入してまいります。

<主な特長>

  1. 狙った音声を逃さない「ズーム録音」(XS700は可動式ズームマイク搭載)
  2. 会議など特定方向の音声を強調して聴ける「フォーカス再生」(XS700/XS500/XS450)
  3. 語学学習やおけいこなどに役立つ、業界初※1「シャドーイング再生」機能搭載
  1. ※1メモリー録音機能搭載ICレコーダーとして。2012年8月29日現在。

なお、パナソニックコンシューマーマーケティング(株)が運営するショッピングサイト「PanaSense パナセンス(http://ec-club.panasonic.jp/mall/sense/open/)」で、RR-XS700、RR-XS450の限定モニター販売を2012年8月29日17時から9月10日13時まで行います。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時から20時)
ホームページURL http://panasonic.jp

<特長>

1.狙った音声を逃さない「ズーム録音」(XS700は可動式ズームマイク搭載)

前方正面の集音性に優れ、セミナーや講義などに適した「ズーム録音モード」と、バランス良く周囲の音を集音し、会議などに適した「ステレオ録音モード」を搭載。用途に合わせてワンタッチで切り替えて活用できます。
また、XS700は「可動式ズームマイク」により、前方の音をよりクリアに録音できます。

2.会議など特定方向の音声を強調して聴ける「フォーカス再生」(XS700/XS500/XS450)

会議などで音声を録音後、再生時に聴きたい方向(前方、左、右)を選び、音を強調する機能です。
また、「フォーカス再生」機能の他にも、エアコンなどの周期性のある雑音を低減させる「ノイズキャンセル再生」機能も搭載しております。

3.語学学習やおけいこなどに役立つ、業界初※1「シャドーイング再生」機能搭載

シャドーイングとは、音声を聞きながら、聞こえた音をほぼ同時に繰り返して言うリスニングのトレーニング方法です。
トレーニングしたいA-B区間を設定し、再生音(お手本)とほぼ同時に発声してトレーニングを行います。これを繰り返し行うことで、自分のペースに合ったトレーニングができるようになり、英会話等の語学力向上に役立ちます。

4.その他の特長

  • 最適なシーン録音ができる「録音シーンセレクト」
  • 早聞き、遅聞きが可能「再生速度調整機能」
  • カレンダー/曜日などでファイルが探せる「ファイル検索機能」(XS700/XS500/XS450)
  • 本体でファイルの分割・結合・コピー・移動ができる「ファイル編集機能」(XS350は分割のみ)
  • 内蔵メモリー+microSDHCメモリーカードスロットの「Wメモリーシステム」
  • 直接パソコンに接続してデータの保存や充電ができる「スライド式USBダイレクト接続」(XS700/XS500/XS450)※2、「USBダイレクト接続」(XS350)
  • microSD/SDHCメモリーカードに録音した音声をパソコンやラジオレコーダー「RF-DR100」で再生可能※3
  • 内蔵メモリーとSDカードとの間で録音ファイルの移動&コピーが可能(XS700/XS500/XS450)
  • マイク録音ファイルに記録した音声はフォルダー間での移動&コピーが可能(XS700/XS500/XS450)
  • 音漏れがしにくい「密閉型インサイドホン」付属(XS700/XS500)
  1. ※2XS450では充電式電池は別売です。
  2. ※3ラジオレコーダーRF-DR100では、microSDメモリーカード専用アダプターが必要です。

【国内需要動向】

(当社調べ)
  2009年 実績 2010年度 実績 2011年度 実績 2012年度 見込み
ICレコーダー 111万台 123万台 128万台 141万台

【主な仕様】

品番 RR-XS700 RR-XS500 RR-XS450 RR-XS350
内蔵メモリー容量 4GB 2GB
録音
可能
時間

目安
PCM 44.1kHz(ステレオ) 約6時間 約3時間
MP3 320kbps(ステレオ) 約27時間 XPステレオ(MP3 192kbps): 約22時間
LPステレオ(MP3 64kbps): 約67時間
SLPモノラル(MP3 32kbps):約134時間
MP3 192kbps(ステレオ) 約45時間
MP3 128kbps(ステレオ) 約68時間
MP3 64kbps(ステレオ) 約136時間
MP3 32kbps(モノラル) 約272時間
最大ファイル数 マイクフォルダ: 199ファイル×4フォルダ(A,B,C,D)
ライン録音フォルダ(L): 199ファイル
FMフォルダ(FM): 199ファイル
音楽フォルダ(M):1フォルダあたり199ファイル
マイクフォルダ:199ファイル
ラインフォルダ:199ファイル
音楽フォルダ(M):
1フォルダあたり199ファイル
FMラジオチューナー FM:76.0〜90.0MHz(0.1MHzステップ)
スピーカー出力 Φ20mm、8Ω、90mW(JEITA)
インサイドホン端子 Φ3.5mm、16Ω、10+10mW(JEITA) Φ3.5mm、16Ω、6+6mW(JEITA)
マイク / ライン入力端子 Φ3.5mm、0.80mV、プラグインパワー対応 Φ3.5mm、1.26mV、
プラグインパワー対応
本体電源 DC1.2V
(ニッケル水素充電式乾電池 HHR-4AG×1本使用)
USB充電(充電時間:約2時間)
DC1.5V(付属単4形アルカリ
乾電池×1本)
最大外形寸法
(幅×高さ×奥行)
約46.3×約122.2×約21.6mm 約40.8×約103.1×約16.2mm 約40.1×約112.7×
約15.6mm
本体寸法
(幅×高さ×奥行)
約38.5×約122.2×約15.7mm 約38.5×約102.5×約14.8mm 約38.5×約112.7×
約14.6mm
質量
(付属電池含む / 含まず)
約68g / 約56g 約55g / 約43g 約54g / 約43g 約50g / 約39g

■電池持続時間

<RR-XS700 / XS500>

録音モード ステレオ モノラル
PCM MP3 MP3 MP3 MP3 MP3
44.1kHz 320kbps 192kbps 128kbps 64kbps 32kbps
使用電池
付属単4形
ニッケル水素
充電式電池
×1本
録音時
※4
約17時間30分 約20時間30分 約20時間30分 約21時間 約25時間 約27時間30分
再生時
※5
約10時間 約10時間30分 約10時間30分 約10時間30分 約11時間 約11時間

<RR-XS450>

録音モード ステレオ モノラル
PCM MP3 MP3 MP3 MP3 MP3
44.1kHz 320kbps 192kbps 128kbps 64kbps 32kbps
使用電池
付属単4形
アルカリ
乾電池
×1本
録音時
※4
約27時間 約32時間 約33時間 約32時間30分 約40時間 約40時間30分
再生時
※5
約19時間 約20時間30分 約20時間30分 約20時間30分 約21時間30分 約21時間30分

<RR-XS350>

録音モード ステレオ モノラル
PCM XP LP SLP
44.1kHz 192kbps 64kbps 32kbps
使用電池
付属単4形
アルカリ
乾電池
×1本
録音時
※4
約29時間30分 約35時間30分 約43時間30分 約47時間30分
再生時
※5
約12時間30分 約14時間 約16時間30分 約17時間

●各モードの最大録音時間は、それぞれ1つだけで使い切ったときの時間です。電池持続時間は使用条件によって短くなる場合があります。

  1. ※4録音モニターなし、録音ランプOFF、録音レベル調整 自動、内蔵メモリー使用時。
  2. ※5スピーカー再生:音量11、再生速度1倍速。

以上

RSS