Panasonic Newsroom トッププレスリリース調光・調色 照明制御手法について、九州大学と共同で検証実験を実施

プレスリリース

2012年8月27日

調光・調色 照明制御手法について、九州大学と共同で検証実験を実施
「知的生産性」と「健全なサーカディアンリズム(生体リズム)」の維持が可能であることを確認

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、照明光がヒトの睡眠や「サーカディアンリズム(生体リズム)(※1)」に及ぼす影響について、九州大学大学院の安河内 朗教授と共同で検証を進めています。今回当社は、「知的生産性」を維持しながら省エネを実現することを目的とし、光による覚醒度や「サーカディアンリズム」への影響に配慮して、明るさや光の色を時間帯によって変化させる調光・調色 照明制御手法を考案。この照明制御手法による、「知的生産性」および「サーカディアンリズム」への影響を調べるための検証実験を行いました。

この検証実験において、過度な節電照明では「知的生産性」や「サーカディアンリズム」への影響が危惧されますが、適切に明るさや光の色を制御して省エネすることで、「知的生産性」と健全なサーカディアンリズム」の維持が可能であることを確認しました。
この検証結果を「日中の照度色温度可変照明制御がパフォーマンスおよびサーカディアンリズムに及ぼす影響」として、山口大学吉田キャンパス(山口県山口市)で開催される「平成24年度照明学会全国大会」において、2012年9月8日に安河内 朗教授が発表します。

  1. ※1:サーカディアンリズムとは、人が持つ約24時間周期の生体リズムのこと

■発表の概要
東日本大震災以降、節電対策として照明を減灯するオフィスが増加しています。オフィスにおけるJISの推奨照度は750 lx(ルクス)とされており、減灯によって照度が不足し、暗く陰鬱な空間になっているオフィスが見受けられます。一般的に、照度が下がると覚醒度が低下すると考えられており、「知的生産性」への影響が危惧されます。そのため、「知的生産性」の観点から照度が不足する状態が継続することは好ましくないと考えられます。

そこで、当社では「知的生産性」を維持しながら省エネを実現することを目的とし、光による覚醒度や「サーカディアンリズム」への影響に配慮した、調光・調色 照明制御手法を考案。九州大学と共同で、日中の覚醒度やパフォーマンス(作業効率)および「サーカディアンリズム」への影響を調べるための検証実験を行いました。

実験は九州大学実験室にて、健康な男子学生10名を対象に、日中に「従来照明(750 lx)」「節電照明(400 lx)」「調光・調色 照明」の3つの試験条件で実施。日中は覚醒度評価とパフォーマンステストを、夜間には、睡眠の質と関連が深いとされる深部体温とホルモン(メラトニン)の分泌量を測定しました。

実験の結果、「節電照明」では日中の覚醒度とパフォーマンスが低下(エラーが増加)し、夜間の体温も十分低下しなかった一方、「調光・調色 照明」では日中の「従来照明」と同等の覚醒度、パフォーマンスが維持され、かつ夜間の体温の低下量とメラトニンの分泌量が最も多いことがわかりました。
覚醒度とパフォーマンスの維持は、「知的生産性」にとって重要です。また、日中の覚醒度の維持と夜間の体温低下やメラトニンの分泌は、「健全なサーカディアンリズム」の維持にとって大切と考えられます。
これらの結果から、過度な節電照明では日中の「知的生産性」や「サーカディアンリズム」への影響が危惧されますが、適切に明るさと光の色を制御して省エネする照明制御手法は、「知的生産性」と「健全なサーカディアンリズム」の維持が可能であることを確認しました。

【お問い合わせ先】

エコソリューションズ社代表 06-6908-1131(受付 8:45〜17:30)
エコソリューションズ社 ライティング事業グループ R&Dセンター 光応用技術開発グループ ヒューマン光応用チーム

■実験概要

九州大学実験室にて実施。
被験者:男子学生10名
評価項目: 日中・・・脳波による覚醒度評価、および選択反応課題によるパフォーマンステストを実施
夜間・・・深部体温(直腸温)の変化、唾液中メラトニン濃度を測定
評価条件: 1日目朝9時より、3日目朝7時まで実験室内にて過ごす。
1日目、2日目の朝9時より夕方6時まで下記に示す照明条件のいずれかのもとで過ごす。
それ以外の時間帯の照明は全て同一条件にて実施。

■実験結果

【覚醒度、パフォーマンステスト】
・「節電照明」では、覚醒度とパフォーマンスが低下
・「調光・調色 照明」では、「従来照明」同等に維持

CNV:選択反応課題時に生じる特殊な脳波。覚醒度などの指標として用いられている

【深部体温】
・「節電照明」では、就寝中の体温低下が小さい
・「調光・調色 照明」では、夜から早朝にかけて最も低下

【夜間のメラトニン分泌】
・「調光・調色 照明」で、最もメラトニンの分泌量が多かった

【「サーカディアンリズム」に与える影響】
・「節電照明」では、日中の覚醒度が低下するとともに、就寝中の体温低下量が小さいことから、「サーカディアンリズム」への影響が危惧
・「調光・調色 照明」では、日中の覚醒度が維持され、かつ夜間の体温低下量が大きく、メラトニン分泌量が最も多いことから、「健全なサーカディアンリズム」を維持できている可能性
【結果まとめ】
・「節電照明」では、「知的生産性」に直接的な影響をおよぼす、日中の覚醒度やパフォーマンスの低下だけでなく、「サーカディアンリズム」への影響も危惧
・「調光・調色 照明」では、日中の覚醒度、パフォーマンスだけでなく、「健全なサーカディアンリズム」を維持可能

■まとめ

  1. 過度の節電照明では、「知的生産性」の低下や「サーカディアンリズム」への影響が危惧
  2. 「健全なサーカディアンリズム」の維持には、光の「質」 「量」 「タイミング」への配慮が重要
「質」色温度・波長 ・・・ 日中(特に午前中)は高色温度、夜間は低色温度の光
「量」光の強さ(明るさと長さ) ・・・ 日中(特に午前中)は強い光、夜間は弱い光
「タイミング」 昼夜のメリハリ ・・・ 自然光のような昼夜での「質」と「量」の変化
  1. 光の「質」「量」「タイミング」を配慮した調光・調色 照明制御手法により、省エネしながら、「知的生産性」や「健全なサーカディアンリズム」の維持が可能

以上

RSS