Panasonic Newsroom トッププレスリリースIFA2012 パナソニックブース展示概要と見どころ

プレスリリース

2012年8月21日

IFA2012 パナソニックブース展示概要と見どころ

パナソニック株式会社は、2012年8月31日から9月5日までメッセベルリン(ドイツ)で開催されるIFA2012 (Internationale Funkausstellung Berlin) に出展します。

IFA2012のパナソニックブースでは、デジタルAVC機器に加え、新たに生活家電を出展。中央のコンセプトゾーンではデジタルAVC機器から、生活家電、エナジー機器まで暮らし全般をカバーする幅広い商品群と、それらがつながることで実現する「スマートでエコなくらし」を提案します。

パナソニックブースの主な展示内容は以下の通りです。

<Concept Zone>
デジタルAVC機器群をつなぎ、使いやすさの向上と新しい視聴スタイルをもたらす「スマートAVネットワーク」、生活家電がスマートフォンを介してクラウドサービスにつながり、新しい利便性を提供する「スマートアプライアンス」に加え、創エネ機器、家庭用蓄電池、省エネ家電機器をつなぎ、持続可能なくらしの実現を目指す「スマートエナジーソリューション」を紹介します。

<Digital AVC Zone>
スマートフォンやタブレットとの連携で更なる使いやすさの向上を実現したスマートビエラ、WiFi対応のLUMIXやAirPlay対応のオーディオ機器など、ネットワーク機能を強化した最新のデジタルAVC商品群に加え、高精細ディスプレイや3D技術など先進AVC技術を体験できます。

<Appliance Zone>
生活家電をパナソニックとしてIFAに初出展します。業界トップクラスの省エネ性能を備えた冷蔵庫、洗濯乾燥機から、調理家電、美容機器までの幅広い商品群が一堂に会します。

このほか、デザインコーナーではデザインフィロソフィー「Future Craft」の下にデザインされた薄型・狭額縁テレビ、ドラム式洗濯機や冷蔵庫、調理家電、IHクッキングヒーター、およびiF金賞を始め数多くのデザイン賞を受賞したLED電球クリア電球タイプを紹介します。

Panasonic LIVE @ IFA
昨年に続き、世界中の人々が、パナソニックのIFAでの展示内容、イノベーションの世界を体験できる双方向のライブストリーミング放送を、IFA会場から実施します。ベルリンのIFA会場にご来場できない方でも、今回タブレットPCや他のモバイル端末などを使って、オンライン上で最新の製品、技術について質問ができます。また、今年は当社代表取締役社長 津賀 一宏もLIVE@IFAに参加する予定です。当社ウェブサイトとならびにパナソニックの各Facebookページ、Twitterアカウント、YouTubeチャネルをご覧ください。

3つの「EISA AWARD 2012-2013」を受賞
パナソニックは、3つの部門でEISA(the European Imaging Sound Association)賞を受賞しました。本年EISA賞を受賞した製品は以下の通りです。これら受賞製品はIFA2012でご覧いただけます。

  • VIERA TX-P50VT50 : ‘European Plasma TV of the year 2012-2013’
  • Blu-ray Player DMP-BDT500 : ‘European Blu-ray Player 2012-2013’
  • LUMIX G X VARIO 12-35mm / F2.8 ASPH. / POWER O.I.S. Lens : ‘European Compact System Lens 2012-2013’

RSS